メモ

Twitterユーザーに自殺を促す広告ツイートが表示されていたことが判明

By Jordi Bernabeu Farrús

トランスジェンダーであるTwitterユーザーのタイムライン上に表示されるプロモツイートが、ユーザーの自殺を促すようなヒドイ内容であるとして問題となっています。

Troll uses Twitter adverts to urge transgender people to kill themselves | Technology | The Guardian
http://www.theguardian.com/technology/2015/may/20/troll-uses-twitter-adverts-to-urge-trans-people-to-kill-themselves


問題になったのはトランスジェンダーのTwitterユーザーをターゲットに表示されたプロモツイートで、「@Caitlin_Roperr」というアカウントからツイートされたものでした。このアカウントのプロフィール上には「オーストリア出身の活動家で、フェミニスト運動家でもある」と書かれていたそうですが、顔写真も含めてプロフィールは全て「@caitlin_roper」という他のアカウントの登録情報をコピーしたもの。つまり、「@Caitlin_Roperr」は「@caitlin_roper」のなりすましアカウントでした。

この「@Caitlin_Roperr」というなりすましアカウントが、有料の広告機能であるプロモツイートを使ってトランスジェンダーのユーザーをターゲットに自殺を促すようなツイートを表示させまくったことで、ツイートがすぐさま多くのユーザーのタイムライン上に表示されることとなり大きな問題になったというわけ。

実際にどんなプロモツイートが表示されたのかというと以下のような感じ。

「手術したトランスジェンダーであっても性別は変えられない。本人を奇形に変えて、みじめな存在にしているだけ」という文章の最後には、「Kill yourself(自殺しろ)」というなんとも直球な言葉……。


こちらのユーザーはプロモツイートに対して「What the fucking FUCK?!(なんてくそったれなんだ?!)」とツイートしており……

画像をよくよく見ると「Commit suicide now(今すぐ自殺しろ)」と書かれた悪質な内容が表示されています。


Marie Le Conteというユーザーもかなりおかんむりで、Twitterの公式アカウントに抗議しています。

Marie Le Conteさんのタイムラインに表示されたのは「Get a rope & hang yourself(ロープで首をつれ)」という言葉でした。


なお、なりすましアカウント「@Caitlin_Roperr」はユーザーからの報告により既に凍結され、問題となったツイートも削除されています。被害者である本物のCaitlin Roperさんは、以下のツイートで述べているようにこれまでにもなりすましアカウントによる、多数の不愉快なツイートに悩まされてきたことを明かしています。

Twitterは4月に利用ポリシーを一部変更しており、「暴力および脅迫」に関する違反行為に対する取り締まりはこれまで以上に厳しくなったはずでした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
TwitterのGoogleリアルタイム検索が復活 - GIGAZINE

Twitter上の「なりすましアカウント」などの迷惑行為をアプリから簡単に報告可能に - GIGAZINE

Twitterにはびこるボットアカウントネットワークの中心にいるものとは? - GIGAZINE

Twitterでイヤな相手に知られず拒絶できる新機能「ミュート」を使う方法 - GIGAZINE

Twitterがクオリティの低いツイートを非表示にする機能をテスト中 - GIGAZINE

Twitterの「あけおめ」vs「バルス」の強さを比較したグラフ - GIGAZINE

in メモ,   ネットサービス, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.