「筋肉」に関してあまり知られていない10の事実

by Anders Eriksson

「一番強い力が出る筋肉」「一番大きな筋肉」「一度に約200の筋肉を動かす動作」「実は持っている筋肉の隠れた能力」など、つい「なるほど……」と思ってしまう10の筋肉の事実を集めたムービーをBuzzFeedVideoが公開しています。

10 Muscle Facts That Will Stretch Your Mind - YouTube


眼球の動きは、頭蓋骨の目のくぼみにある絶えず動く6つの筋肉「上直筋」「下直筋」「内側直筋」「外側直筋上斜筋」「下斜筋」によって調整されています。


お尻にある「大殿筋」は、スクワットなどで鍛えられる人体の中で最大の筋肉。


1番小さな筋肉は耳にあります。


走っている間、足の筋肉よりも心臓の筋肉の方が2倍激しく動きます。


肛門を締めたり緩めたりする「ケーゲル体操(骨盤底筋体操)」により、尿漏れや膣脱などの予防が可能。


笑顔を作るよりも眉をしかめる方が使う筋肉は少なくなります。


一度に約200の筋肉を動かす動作は……


「足を踏み出す」こと。


寒いときに体が小刻みに震えるのは、筋肉が収縮して体温を上げようとするため。


研究によると、筋肉は「マッスルメモリー」と呼ばれる記憶を持っていて……


筋肉量が多い頃から、トレーニングをさぼって筋肉量が落ちてしまっても、トレーニングを再開すればすぐに筋肉量が多かった頃へ戻れます。一方で、筋肉量が少ない人が筋肉をたくさん増やそうとしてもすぐには増えないとのことです。


人体の35%から40%は筋肉で構成されています。


人体でどの部位よりも強い「最強の筋肉」がどこなのかというと、物をかむための「顎の筋肉」でした。

・関連記事
タマネギの皮から新しいタイプの人工筋肉を作成することに成功 - GIGAZINE

ジョギングやサイクリングは遺伝子レベルで筋肉の代謝機能に影響を与える - GIGAZINE

プロテインがどのようにして筋肉になるのかをアニメで解説 - GIGAZINE

男性ホルモンの一種「テストステロン」を50%も増加させる「薪割り」の正しい実践方法 - GIGAZINE

たった6秒激しく運動すれば健康を維持できることが明らかに - GIGAZINE

運動前にコーヒーを飲むと筋肉痛が和らぐ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log