キーボードで言葉をタイピングするだけで誰でもドラマーになれる「typedrummer」

by Mike Fernwood

ドラムの演奏は体力やテクニックを必要としますが、ブラウザとキーボードを使い、実際のドラムを持たないノースキルの人でも簡単にドラマーとして作曲・演奏ができるのが「typedrummer」です。

typedrummer
http://typedrummer.com/

実際にドラムを演奏する様子は以下のムービーから確認できます。

キーボードで演奏するドラム「typedrummer」 - YouTube


typedrummerのトップページはこんな感じ。キーボードとドラムスティックのイラストが描かれており、その下にテキスト欄が配置されています。


使い方は簡単で、テキスト欄に言葉を入力するだけ。アルファベットごとに別の音が鳴るようになっているので、文字の組み合わせによってリズムパターンを作ることが可能です。なお、パターンを再生できるのはPCブラウザでの環境のみとなっており、スマートフォンには対応していない模様です。


テキスト欄に入力されているアルファベットを消さない限り、アルファベット1文字だけでも音は鳴り続けます。


アルファベットをでたらめに並べても、それっぽい演奏が可能。


しかし、アルファベットごとに割り当てられている音を把握すると、それなりの演奏を打ち込むことが可能です。たとえば「Q」はキックドラム、「A」はハイハット、「Y」がスネアドラムとなっているので、「QAYA」と打ち込むと、基本的な8ビートのパターンにすることができました。(画像をクリックするとパターンが再生されます)


さらに、「onroohzponroonzh」と入力すると、また違った雰囲気のドラムパターンが作成できました。(画像をクリックするとパターンが再生されます)


なお、数字や記号を入力しても、音が鳴ることはありませんでした。


テキスト欄の下にある「share this beat」をクリックすると……


URLが生成されます。URLをコピペすれば作曲した音楽を人とシェアすることが可能なわけです。

・関連記事
無料でブラウザからシンセ・ドラム音源でメロディを作れるシーケンサー「Acid Machine Beta」 - GIGAZINE

スティックとPCがあれば楽器がなくてもドラムが演奏できる「Aerodrums」 - GIGAZINE

たった1台でギター・バイオリン・ピアノ・ドラムなどあらゆる楽器を演奏可能な「Artiphon INSTRUMENT 1」 - GIGAZINE

小型モジュールをどんどん連結し誰でもすぐ演奏しまくれるアナログシンセ「little Bits Synth Kit」 - GIGAZINE

レゴブロックのようにスピーカーやアンプなどをくっつけて音を作るシンセ音源「Molecule Synth」 - GIGAZINE

131

in レビュー,  ネットサービス,  動画, Posted by logq_fa