抹茶とぷるぷるのミルクプリンが爽やかなPRONTOの「ぷるぷる抹茶ミルク」は初夏にピッタリ


PRONTOは2015年5月限定のメニューとして、抹茶ドリンクの中にミルクプリンを浮かべた「ぷるぷる抹茶ミルク」を提供しています。抹茶とミルクプリンという、いかにも相性の良さそうな組み合わせのドリンクがどのような仕上がりになっているのか気になったので、お店に行って飲んでみることにしました。

今月限定ぷるぷる抹茶ミルク|カフェドリンク|メニュー|PRONTO -プロント-
http://www.pronto.co.jp/menu/cafedrink/002458.html

PRONTOに到着。今回は、2015年4月4日にオープンしたばかりの阪急かっぱ横丁店を訪れてみました。


店頭でも5月限定の「ぷるぷる抹茶ミルク」がお出迎え。


阪急電鉄のガード下ということで、ややこぢんまりしたお店ですが、それでも座席は48席ということでゆったりと過ごせそう。


店内にはミニバーカウンターもあるので、仕事帰りの「軽く一杯」にも良さそうです。


ということでさっそく「ぷるぷる抹茶ミルク」(Mサイズ・税込440円)を注文。淡い色の抹茶ドリンクの中に、白くてプルプルとしたミルクプリンのかたまりが浮かんでいます。


抹茶は、愛知県西尾産の一番摘み抹茶を使用しているとのこと。ほのかに抹茶の香りを感じます。


ミルクプリンは、文字どおりミルク風味がいっぱいのプルプルとした仕上がりで、ミルクのほのかな甘さが爽やか。


ストローでゴクリと飲むと、抹茶と一緒にミルクプリンがちょうどいい具合にミックスされた状態で飲むことができました。抹茶は甘さ・苦さともに控えめで、香りよい風味がミルクの甘みと合わさって、抹茶の苦みが苦手な人でも楽しめそうな仕上がりとなっていました。


サラッとした仕上がりと爽やかな味で、最後までゴクゴクと飲んでしまえる初夏にピッタリな仕上がりとなっていました。強いて言えば、飲み終わった時にミルクプリンが氷の下に残されてしまうのが少しだけ残念でしたが、スプーンでがしがしとすくって食べるのも楽しそうです。


PRONTOの「ぷるぷる抹茶ミルク」は、5月限定の商品。サイズは今回注文したMサイズの他に、Rサイズ(税込390円)、Lサイズ・XLサイズ(ともに490円)がラインナップされているので、ちょっと飲みたい時からゴクゴク飲んでのどの渇きをいやしたい時までいろいろ楽しむことができそうです。

・関連記事
濃厚マンゴープリン風フロート「アイスクリームフロート マンゴ」や抹茶ミルクのフローズンドリンク「抹茶ブラスト」などをサーティワンで食べてきた - GIGAZINE

オレオを抹茶アイスにたっぷり混ぜ込んだ期間限定「オレオ抹茶」をサーティワンで食べてみた - GIGAZINE

ぷるぷるの抹茶タルトにつぶあんと白玉が入ったパブロ「焼きたて宇治抹茶チーズタルト」を食べてみました - GIGAZINE

抹茶づくしで濃厚な味わいのハーゲンダッツ「抹茶クランブル」を食べてみた - GIGAZINE

フワッと軽やかで上品な甘み、「堂島ロール」と「お抹茶ロール」を「カフェ ソラーレ Tsumugi(ツムギ)」で食べてみました - GIGAZINE

159

in 試食, Posted by logx_tm