メモ

「美人は得をする」とは言えないことが研究で判明

by Ky

一般的に「容姿が優れている」ということは利点として働くと考えられていますが、美しい人が必ずしも幸福になれないのも事実です。誰もがうらやむ「美しい人」であることには知られざるマイナス面があるとして、社会心理学者らが論文を発表しました。

BBC - Future - The surprising downsides of being drop dead gorgeous
http://www.bbc.com/future/story/20150213-the-downsides-of-being-beautiful

アメリカのドラマ「サーティー・ロック」には「人間として無能なのに顔がいいが故に人生を楽しく過ごしている」と言われるドリューというキャラクターが登場します。彼は医者であるにも関わらず応急措置法の1つであるハイムリッヒ法さえできないのですが、持って生まれた魅力のおかげでメディカルスクールを卒業できた、という人物です。

ドリューというキャラクターはフィクションの産物ですが、ドリューのような人間の存在は、フィクションの中に限ったことではありません。 ノースカロライナ大学シャーロット校の社会心理学者Lisa Slattery Walker氏とTonya Frevert氏が人間の美しさが引き起こす影響について研究したところ、容姿が優れている生徒はそうでない生徒と比べて教師から「有能で知的である」という評価を受けやすく、よい成績を与えられやすいということが分かりました。さらに、「有能である」と評価され続けてきた人はどんどん自信をつけていき、ポジティブな信念を持って成長していくため、「美しい容姿」の持つ影響は年々蓄積されていくとのこと。

by jessicalsmyers

もちろん、学校だけでなく職場でも「見た目の美しさ」は好影響をもたらします。経営学修士を取得したある卒業生の研究では、「魅力的な容姿を持った人々」と「魅力的でない容姿を持った人々」を各グループに分けて調査したところ、前者は後者よりも年収が10~15%多いことが分かりました。これは生涯賃金に換算すると23万ドル(約2800万円)の差であると、論文では記されています。見た目がよくない人に比べ、容姿の優れている人は、学生であれば高い評価を得やすく、社会人であれば給料が上がりやすく昇進もしやすいと、人生全体を通して確かに有利な点が多いわけです。

美しさの影響力は裁判の場面にまで及びます。魅力的な被告は判決が甘くなりやすく、一方で民事裁判の原告が魅力的な場合は勝利を収めやすく、大金を勝ち取れることが多いとWalker氏は語ります。

by Tori Rector

しかし、容姿のよさが裏目に出る場面も少なくありません。容姿のいい男性は「優れたリーダー」だと思われる可能性がある一方で、「女たらし」であると見られやすく、権威が求められる高い役職に就けないことも。また男女ともに、優れた容姿の人は他人に嫉妬されやすく、ある研究では仕事の面接で面接者よりも候補者の方が優れた容姿だった場合、その候補者は雇われにくいということも分かっています。

また、美しさはは本人の健康にも影響を及ぼします。容姿の優れている人は病気になっても深刻に捉えられにくく、容姿が優れている人が痛みを訴えていても、医者は軽視する傾向があるとのこと。

by Rob

さらに、1975年に行われた研究からは「美人は敬遠されやすい」ということが判明しており、それが嫌がらせではなく尊敬を含んだ意味合いであっても、容姿の優れた人は孤立しやすいと言われています。「美しさは力だと言われていますが、一方で人に『自分が近づけない人だ』という印象を持たせます」とFrevert氏。出会い系サイトのOkCupidで完璧に美しいプロフィール写真を使っている人より、少し風変わりな写真を使っている人の方がデート相手を見つけやすいという調査結果が出ているのも興味深い点です。

つまり、美しさは幸福へのパスポートではないのです。美しさの力は確かに存在しますが、表面的なものでしかなく、生物学に根付いたものではありません。ただ、我々が会った人を判断する時にはいろいろな要素が考慮されますが、信頼性はさておき、美しさはまず最初に「判断要素」に加えられるものの1つであると言えます。

「魅力がありすぎる事は本人の経験を変質させ、自分の魅力に固執しすぎるとストレスや不安を生み出す可能性がある」とFrevert氏は指摘します。「美しさは皮一枚だが、醜さは骨の髄まで」という言葉が示すとおり、外見の美しさだけでなく精神的な美の追求こそが優れた人生のカギであることは間違いなさそうです。

by Ana Carolina Braga

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
約1分で過去100年で美しいとされた化粧やヘアスタイルの変遷が分かる「100 Years of Beauty in 1 Minute」 - GIGAZINE

女性の化粧テクニックの世界史を紀元前から現代までたどるとこうなる - GIGAZINE

5人の男性が化粧に初挑戦、果たしてその結果は? - GIGAZINE

「世界で最も美しい顔ベスト100(2014年版)」画像全まとめ - GIGAZINE

アルメニアに本当に美人は多いのか?8組12人を撮影してきました - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.