USBポートをコンセントカバーに数十秒で追加できる「SnapPower Charger」


フットライトになるコンセントカバー「SnapRays」を開発したSnap Powerが、新たに、ドライバー1本を使い数十秒で取り付け可能なUSBポート付きコンセントカバー「SnapPower Charger」を開発しました。

SnapPower Charger: A USB charger in a coverplate - no wiring by Jeremy Smith - Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/snappower/snappower-charger-a-usb-charger-in-a-coverplate-no

SnapPower Chargerがどんなものかは、以下のムービーで一発で分かります。


これが「SnapPower Charger」です。SnapPower Chargerは薄いので、家具の後ろにあるコンセントにでも装着できます。


以下はUSBポートを使って電気機器を充電しているところ。


SnapPower Chargerは薄いので、家具の側面にあっても邪魔になりません。


SnapPower Chargerの取り付け方は簡単。まず、ドライバーを使ってコンセントカバーを取り外します。


次に、SnapPower Chargerを取り付け……


ドライバーでSnapPower Chargerを固定すれば……


ものの数十秒で取り付けが完了。


USBポートに電力を供給する仕組みは、SnapPower Chargerの裏面にある突起部分「Power Prongs」が……


コンセントの内側にあるネジと接触して電力を確保します。


突起部分「Power Prongs」とコンセント内側にあるネジが接触しているところ。なお、ネジから電力を確保できるコンセントは、アメリカ・カナダ・メキシコ・エルサルバドル・グアテマラ・ホンジュラス・ニカラグア・コスタリカ・パナマ・コロンビア・ベネズエラ・ドミニカ共和国・ボリビアのものだけです。


SnapPower Chargerは、Duplex型とDecor型の2種類があり、ホワイト・ライトアーモンド・アイボリーの3色が用意されています。


SnapPower ChargerはクラウドファンディングのKickstarterで出資を募集中で、記事作成時点で1万7000人以上から目標額の3万5000ドル(約420万円)を上回る76万2000ドル(約9100万円)以上を集めています。

既に出資できる枠が少なくなっており、記事執筆現在のところは16ドル(約1900円)以上の出資でSnapPower Charger1個、30ドル(約3600円)以上でSnapPower Charger2個、65ドル(約7800円)以上でSnapPower Charger5個、120ドル(約14000円)以上でSnapPower Charger10個がゲット可能となっています。アメリカ・カナダ国内への送料は3パックまでなら3ドル(約360円)、5パックで5ドル(約600円)、10パックで7ドル(約840円)となっており、それ以外の国への発送はさらに料金がプラスされるとのこと。発送は2015年8月の予定です。

なお、出資の締め切りは2015年5月15日(金)22時45分までとなっています。

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

超絶簡単に取り付け可能で、フットライトになるコンセントカバー「SnapRays」 - GIGAZINE

大容量バッテリー・各種コンセントを内蔵して出先でも電源に困らないバッグ「GoPlug」 - GIGAZINE

コンセントに直接挿して充電できるスマホ用モバイルバッテリー「BOLT」を試用してみた - GIGAZINE

世界中のコンセントに対応、日本型プラグが挿せてUSBにも同時給電できる「マルチ変換アダプター 」 - GIGAZINE

電波が弱くつながりにくいWi-Fiをコンセントに挿すだけで改善できる「WEX-733D」 - GIGAZINE

188

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log