無料で問い合わせフォームやFAQを設置してカスタマーサポートを導入できる「Tayori」


ウェブサイトを運営するにあたって、「FAQページ」があれば顧客が製品について調べることができ、「問い合わせフォーム」があれば顧客から連絡を受け取ることができます。どちらもウェブサイトを訪れてくれた人に製品やサービスを理解してもらうために導入すべきカスタマーサービスのツールですが、そんなカスタマーサポートサービスを会社のウェブサイトや個人ブログに無料で構築できる新しいサービスが「Tayori」です。

Tayori -誰でも無料で驚くほど簡単に始められるカスタマーサポートサービス
http://tayori.com/


「Tayori」は個人ブログからビジネスサイトまでのあらゆるウェブサイトに「問い合わせフォーム」や「FAQページ」を設けられるサービス。フォームデザインや入力項目を自由にカスタマイズでき、基本機能は無料で利用可能です。


フォームの設置は一行のコードをウェブサイトに貼り付けて埋め込むだけ。PCとスマートフォンなど表示するデバイスに最適化したフォームの形式を選択することができ、「コード埋め込みボタン」「iframe表示」「リンク貼り付け」の3種類のフォーム設置方法が用意されています。


実際にフォームを通じて連絡が来るとこんな感じ。スレッド形式で自分・相手双方のやり取りを見ることができ、対応が完了していないスレッドには「未完了」と表示されています。


「ダッシュボード」には問い合わせの対応状況がグラフで表示され、「アクティビティ」では対応した担当者の名前とともに返信履歴を確認可能。無料でカスタマーサポートに関する詳細なデータを管理できるのは便利と言えそう。


設置するフォームを作る「フォームデザイン」のページはこう。フォーム名や見出しを書いたり、背景色変更やフォーム内にボタンを設置したりと、専門的スキルがなくても問い合わせフォームがデザインできるようになっています。


「Tayori」の基本機能は無料で利用できますが、「フリープラン」で作れるフォームとFAQの数は各1つまで。月額3700円の「チームプラン」ではフォーム・FAQ作成数が各3つまでになり、3人のユーザーでアカウントを共有して利用可能。月額8000円の「スタンダードプラン」ならフォーム・FAQ作成数が各5つ、ユーザー数が5人になり、月額2万7000円の「エンタープライズプラン」になるとフォーム・FAQ作成数と共有できるユーザー数を無制限で利用することができます。どのプランでも通信はSSLで暗号化されており、セキュリティ対策も講じられています。


Tayoriの正式版は2015年7月1日(水)から提供開始予定。事前にメールアドレスを登録しておくと、提供開始から60日間限定で、月額3700円の「チームプラン」と月額8000円の「スタンダードプラン」が無料で利用できるようになります。事前登録を行うにはTayoriのトップページの「事前登録をする」をクリック。


メールアドレスを入力して「事前登録を完了する」をクリックすれば登録は完了。なお、メールアドレスを登録すると正式版の公開前に「プレビュー版」の招待が届くことがあるとのことなので、気になる人は登録しておくと一足早くTayoriを使える可能性があります。

・関連記事
「About」ページを整備して集客力を上げる6つの方法 - GIGAZINE

無料でなかなかありそうでないスマートなアンケートフォームを簡単に作成&集計もしてくれる「Typeform」 - GIGAZINE

フォームのテキスト入力欄を音声入力可能にするChrome拡張機能「Speech Input Enabler」 - GIGAZINE

なぜネット決済の支払フォームはあんなに入力項目が多いのか? - GIGAZINE

見ているだけで楽しめる、オシャレで創造性にあふれたメールフォーム32選 - GIGAZINE

月収をゼロから3万ドルまで増やすための7つの教訓 - GIGAZINE

106

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log