36分で300億円以上のファイトマネー、メイウェザーVSパッキャオ世紀の一戦とは?


100億円以上の複数年契約を勝ちとるメジャーリーガーなど、スポーツの世界では一般人の想像を絶する大金を報酬として受け取るプレイヤーが存在します。しかし、2015年5月2日(日本時間5月3日)にアメリカ・ラスベガスで行われる、フロイド・メイウェザー・ジュニアマニー・パッキャオのボクシング世界ウェルター級王座統一戦では、わずか1試合のタイトルマッチに両者あわせて3億ドル(約360億円)以上という巨額のファイトマネー+PPV報酬が支払われる見込みです。

これはフルラウンド(12ラウンド)を闘った場合でも、1ラウンドあたり約15億円、つまり1秒あたり約830万円稼ぐ計算で、仮に1ラウンドで勝負が決した場合は最低でも1秒あたり1億円というリアルに「秒速で1億円を稼ぐ」ぶっ飛んだ世紀のスポーツイベントというわけです。今回のメイウェザー・パッキャオ戦は、過去のボクシングにおける歴史的な一戦のチケット最高額だった2002年のマイク・タイソンVSレノックス・ルイスの世界ヘビー級タイトルマッチを超え、正規の観戦料金は1500ドル(約18万円)から7500ドル(約90万円)。もっとも正規価格約90万円のリングサイド席チケットはイギリスのチケット販売サイトで3万8000ポンド(約700万円)という値付けがされたことからも、いかにこの一戦が多くの注目を集めているかが分かります。なお、この700万円のリングサイド席は15分で完売したとのこと。

◆二人のスーパースター


そもそもなぜ、この一戦が注目を集めるのかは、メイウェザーとパッキャオという傑出した歴史に残るボクサー同士の夢の対決だから、ということに尽きます。二人の略歴は以下の通りです。

・フロイド・メイウェザー・ジュニア
父でトレーナーのフロイド・メイウェザー・シニアが元世界ランカーで、叔父のロジャー・メイウェザーがWBA世界ジュニアライト級、WBC世界ジュニアウェルター級の2階級制覇チャンピオンというボクシング一家に生まれたメイウェザーは、アメリカ代表としてアトランタ五輪に出場し、銅メダルを獲得後、プロへ転向。一度も敗れることなく、WBC世界スーパーフェザー級、WBC世界ライト級、WBC世界スーパーライト級、WBC世界ウェルター級、WBC世界スーパーウェルター級など5階級を制覇し、戦績は47戦全勝26KOという華々しいボクシングキャリアを誇っています。


圧倒的なスピードと天才的なディフェンスを駆使して相手に何もさせずに圧勝するメイウェザーのボクシングスタイルは、以下のムービーを見れば一発で理解できます。

Floyd Mayweather - Greatest Hits - YouTube


メイウェザーは階級を上げても衰えぬスピードと鉄壁の防御で、2階級制覇のアルツロ・ガッティ、6階級制覇のオスカー・デラホーヤ、2階級制覇のリッキー・ハットン、4階級制覇のファン・マヌエル・マルケス、3階級制覇のシェーン・モズリー、4階級制覇のミゲール・コットなど、スーパースターを次々と下し、あらゆる階級を通じて最強という「パウンドフォーパウンド」の称号を欲しいままにしています。

・マニー・パッキャオ
一方のパッキャオもプロデビュー以来破竹の快進撃を続けました。2003年に当時のフェザー級最強と目されていたスーパースターマルコ・アントニオ・バレラとの一戦で大番狂わせのKO勝利を収めて一躍、脚光を浴びると、その後もファン・マヌエル・マルケス、4階級制覇のエリック・モラレスなどの強豪メキシカンを次々と撃破。もともと2番目に軽量なライトフライ級(上限48.988kg)からキャリアをスタートさせたパッキャオは、スーパーウェルター級(上限69.853kg)までの6階級の世界タイトルを獲得、20kg以上も体重を上げながら実質的に8階級を制覇しました。

By Sunriserjay Appr'ciates all str'mers,always NEW .!

パッキャオのこれまでのサクセスストーリーは以下のムービーで確認できます。

Greatest Hits: Manny Pacquiao (HBO Boxing) - YouTube


オスカー・デラホーヤ、ミゲール・コット、アントニオ・マルガリートなど体格で上回る強豪を軒並み倒しまくるパッキャオは「パックマン」の愛称で世界的な人気を得ます。相手を選ばずスーパーマッチを実現させまくり、倒すときも倒されるときもセンセーショナルなシーンを連発するパッキャオでしたが、唯一、これまで対戦が実現しなかった相手がメイウェザーというわけです。

◆ビッグマッチの実現


メイウェザー・パッキャオの両者が、スーパースターひしめく中量級の熾烈なサバイマルマッチを勝ち抜く中で、「一体どちらが強いのだ?」という素朴な疑問が沸き上がりましたが、「世紀の一戦」のマッチメイクは報酬配分を巡って交渉が難航。ビッグマッチのプランは浮かんでは消えを繰り返しました。2010年3月のラスベガス開催プランが合意寸前までこぎつけたものの、メイウェザーが要求したドーピング検査を、試合前日の血液検査という手法を理由にパッキャオが拒否して交渉が決裂しています。

夢の対決は実現しないまま月日は流れ、その後、パッキャオがマルケスとの4度目の対戦で衝撃的なKO負けを喫するなど、両者がボクシングキャリアの晩年を迎える中、ついに実現したのが今回のタイトルマッチというわけです。2010年の直前の交渉決裂があったため、開催予定日が近づきながらも本当に実現するのか疑念がぬぐえない世界中のボクシングファンをやきもきさせながら、ついに2015年5月1日に調印式が行われ、両者が相まみえることになりました。

試合会場のラスベガスMGMグランドで行われた記者会見後に両雄並び立つ様子は以下のムービーで確認できます。

Floyd Mayweather vs. Manny Pacquiao Staredown - YouTube


◆ビッグマネー


今回のビッグマッチで支払われるファイトマネーは、メイウェザーが1億2000万ドル(約144億円)でパッキャオが8000万ドル(約96億円)。12ラウンド36分のファイトマネーとしては破格のビッグマネーですが、二人が得ることになる報酬はファイトマネーだけではありません。アメリカではPPVという有料放送が一般的で、NFLなどのスポーツイベントのテレビ観戦においてはイベントごとに視聴料を支払うという仕組みが採られています。このPPV収入の一部がメイウェザー、パッキャオの両者にも分配されるため、ファイトマネーに匹敵する大金を両者は得ることになっています。

メイウェザーVSパッキャオという世紀の一戦のPPV視聴料は、89.95ドル(約1万800円)、高画質版は99.95ドル(約1万2000円)に設定されています。過去最高のPPV契約数は2007年のメイウェザー・デラホーヤ戦の248万件ですが、仮にメイウェザー・パッキャオ戦でも同様の契約件数がある場合は、PPV放送での売り上げは最低でも約270億円ということになります。なお、今回のビッグマッチのPPV放送についてはメイウェザーと契約するショータイム、パッキャオと契約するHBOの2つの放送局がともに中継するというかつてのタイソン・ルイス戦と同様に異例のダブル中継となっています。

ファイトマネー+PPV報酬を合わせた報酬額は、両者合わせて3億ドル(約360億円)以上と言われる中、この一戦に関連してはそれ以外にもビッグマネーが動きます。まず、試合会場のラスベガスMGMグランドアリーナでのチケット売り上げに加えて、MGMグランド系列のホテルで行われるチケット代金150ドル(約1万8000円)のライブビューイングを合わせたチケット総収入が7400万ドル(約89億円)と推測されています。

さらに、世紀の一戦の勝敗を予想してお金を投じるブックメーカーに集まる掛け金も巨額になります。ラスベガスのブックメーカーだけでも売り上げは8000万ドル(約96億円)に上るという予想がある中、世界中のブックメーカーに集まる大金の合計額は想像を絶します。なお、ブックメーカーWilliam HillにおけるメイウェザーVSパッキャオの勝敗予想のオッズは、記事作成時点で1.57対2.75とメイウェザー優勢となっています。


ボクシングファンにはもちろんのこと、ボクシングに関心がない人でも、1秒間に1億円が動く可能性に興味がつきない一大イベント、WBA・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦、フロイド・メイウェザーVSマニー・パッキャオの世紀の一戦は、2015年5月2日にアメリカ・ラスベガスで行われ、日本時間2015年5月3日午前10時からWOWOWライブで生中継されます。

エキサイトマッチ~世界プロボクシング|WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/sports/excite/


◆2015/05/03 13時50分追記
WBA・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦、フロイド・メイウェザーVSマニー・パッキャオの世紀の一戦は、12ラウンド判定の末、116-112、116-112、118-110の3-0でメイウェザーが勝利しました。

◆2015/05/13追記
世紀の一戦のPPV購入数は従来記録を大幅に上回る440万件、売り上げ4億ドル(約480億円)に達したことが主催者から発表されました。なお、MGMグランド・ガーデン・アリーナのチケット売り上げは7100万ドル(約86億円)、海外からのPPV購入、ライブビューイング収入、グッズ売り上げなどを合わせると興行収入は5億ドル(約600億円)を超える見込みです。

・関連記事
世界最強の男マイク・タイソンの激闘の歴史を振り返るノックアウトムービー集 - GIGAZINE

格闘技の殴り合いを毎秒5000コマでハイスピード撮影するとこんな感じに - GIGAZINE

サルに格闘技の鍛錬をしていた男性、芸術的な跳び蹴りを浴びせられる - GIGAZINE

オリンピックが開催されることで一体どれほどのお金が動いているのか - GIGAZINE

頭を動かしてスマートにストリートファイトで勝利する方法 - GIGAZINE

171

in 動画,  コラム, Posted by logv_to