Windows 10にはロックスクリーンに美麗画像をオススメ・変更してくれる機能「Windows Spotlight」が搭載される


Microsoftの開発者会議「Build 2015」で、次期OS「Windows 10」で採用されるロックスクリーン機能「Windows Spotlight」が発表されました。Windows Spotlightはユーザーの好みを機械学習してロックスクリーン用のオススメ美麗画像を提案するとのことです。

Spotlight: A personalized lockscreen in Windows 10
http://www.neowin.net/news/spotlight-a-personalized-lockscreen-in-windows-10

Microsoft wants to put ads on the Windows 10 lock screen | The Verge
http://www.theverge.com/2015/4/29/8514345/windows-spotlight-lock-screen-with-ads

Windows Spotlightは自動的にロックスクリーンのイメージ画像を変更してくれる機能です。これは、すでにMicrosoftの検索エンジン「Bing」がWindows PhoneやWindowsタブレットで搭載しているイメージ画像の自動変更機能のPC用ロックスクリーン版のようなもの。


Windows Spotlightはユーザーが望む場合にオプション機能を有効化できるものなので、機能を使うかどうかはユーザーの自由です。


なお、Windows Spotlightはユーザーの好みを学習することで、オススメのイメージをチョイスするとのこと。


Windows Spotlightがオススメしてくれるのはイメージ画像だけではなく、ユーザーのアプリ使用動向からストアアプリなども提案することも可能です。


ロックスクリーン画面にストアアプリの「広告」を表示する機能と見えなくもないWindows Spotlightですが、デフォルト状態では機能OFFでユーザーが任意で機能をONにする仕組みになっているため、広告ツールとして活用したいというMicrosoftの意図はそれほど大きくはなさそうです。

・関連記事
Windows 10は無料でWindows 7・Windows 8.1などからアップグレード可能 - GIGAZINE

Windows 10が2015年夏に190カ国・111言語向けに提供されることが決定 - GIGAZINE

なぜWindows 10が「特別なOS」なのかが一発で分かる新機能まとめ - GIGAZINE

MicrosoftがWindows 10の最低システム要件を発表 - GIGAZINE

Windows 10への無料アップグレードに「違法な海賊版」も対応、Microsoftの狙いとは? - GIGAZINE

「Windows 10」の新UIでスタートボタンが復活、ムービーで見るとこんな感じ - GIGAZINE

45

in ソフトウェア, Posted by logv_to