メモ

ついにAmazonが5つ星レビューをねつ造して販売するステマ連中を訴えたことが判明

By Robert Scoble

Amazonは、商品購入者が書き込むレビュー欄の評価を故意にねつ造したとする3つのウェブサイトに対し、違法な行為の差し止めと損害賠償を求めて訴えをアメリカで起こしました。これは20年に及ぶAmazonの歴史でも初めてのケースとなります。

Amazon sues to block fake reviews on its site | The Seattle Times
http://www.seattletimes.com/business/amazon/amazon-sues-to-block-fake-reviews-on-its-site/

Amazon files first-ever suit over fake product reviews, alleging sites sold fraudulent praise - GeekWire
http://www.geekwire.com/2015/amazon-files-first-ever-suit-over-fake-reviews-alleging-calif-man-sold-fraudulent-praise-for-products/

Amazonの商品レビュー欄で評価をねつ造し、高い評価を多く見せかける行為を行ったとして訴えられたのは、buyazonreviews.comを運営するとされるJay Gentile被告および、同様のサービスを提供するbuyamazonreviews.com、bayreviews.net、buyreviewsnow.comらあわせて4つのサイト。記事作成時点で、bayreviews.netとbuyreviewsnow.comはサイトにアクセスできない状態となっています。

訴状(PDFファイル)の中でAmazonは「実際の件数は少ないとはいえ、これらのレビューは消費者および販売者、製造者のAmazonに対する信用を脅かし、ひいてはAmazonのブランドを汚すものになる」として、Gentile氏を含む被告による商標の侵害、虚偽広告、そして反サイバースクワッティング消費者保護法およびワシントン州消費者保護法への抵触を訴えています。

By Wonderlane

この訴えに対し、Gentile被告が運営するbuyazonreviews.comはシアトルタイムズ紙のコメント依頼に反応を示していませんが、被告の1つであるbuyamazonreviews.comのオーナーであるMark Collins氏はメールによる取材の中で「運営しているサイトは、Amazonで活動する小売業者がレビューを受ける手助けをしているだけ」と反論してAmazonの訴えを否定。さらに「われわれは偽のレビューを販売しておらず、全ての商品に対して偏りのない、正直なレビューを提供している。これは全く違法なものではない」とコメントを寄せています。

Amazonのスポークスマンは「進行中の訴訟についてコメントしない」と回答しています。

Amazonは訴状の中で、Gentile被告がサービスの利用者に対し「5つ星をいくらでも欲しいだけ提供する」という、いわゆるステルスマーケティング(ステマ)や評価のでっちあげを約束し、しかも行為が発覚しないように、掲載のタイミングを調整する手法を用いていたと主張。さらに、ステマではなく実際の取引が存在していたことを演出するために、空の箱を発送して取引をねつ造していたとも主張しており、サイトは1件のレビューあたり19ドルから22ドル(約2300円~2600円)の報酬を受け取っていたとしています。

By Public.Resource.Org

さらにAmazonは、被告がサイト上で同社の商品なしにロゴマークなどを利用していたとして、商標の侵害を主張。また、Amazonを連想させるような名称を利用することで消費者を混乱させるサイバースクワッティングに相当する行為を行っていたとも主張し、そのような行為の中止を求め、懲罰的損害賠償として被害額の3倍にあたる額を保証させる「3倍賠償」と裁判費用の補てんを求めています。

・関連記事
家の掃除から家電の設置・修理など生活に関わる全てのことはAmazonがやってくれます - GIGAZINE

なんとAmazonが電気自動車の新車取扱いを開始・BMW i3がラインナップ - GIGAZINE

AmazonがKickstarterで成功した製品を集めた「Amazon Exclusives」ストアを開店 - GIGAZINE

専用のボタンをワンプッシュするだけで商品が家に届く「Amazon Dash Button」 - GIGAZINE

ついにAmazonがドローンのテスト飛行許可を取得しドローン配達の実現に1歩前進 - GIGAZINE

GoogleやAmazonは広告を消す拡張機能「AdBlock Plus」にお金を払って広告を表示させていることが明らかに - GIGAZINE

Amazonが最安値であるとユーザーに思い込ませる価格戦略とは? - GIGAZINE

Amazonの業績が急回復し株価が急騰中、V字回復の原因とは? - GIGAZINE

ポチッた商品が1時間で届くサービス「Prime Now」をAmazonがスタート - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by logx_tm