従来の縄跳びを超越した新たなスマート縄跳び「SMART ROPE」


縄跳びはボクシングなどの格闘技でフットワークやリズム感を養うためにも使われるエクササイズで、見た目は地味ですが、体全体を使うのでダイエットなどにも効果的です。そんな縄跳びに最新の技術を取り入れたのが「SMART ROPE」で、従来の縄跳びを超越した新たな運動器具が誕生しています。

TANGRAM FACTORY | SMART ROPE
http://tangramfactory.com/smartrope/

縄跳びはいつでもどこでもほんの少しのスペースさえあれば簡単に行える運動で、10分間の縄跳びを3セット行えば、480kcalを消費できます。また、一度にさまざまな筋肉を鍛えることが可能で、ふくらはぎ・脚筋・肩・腹筋・大腿四頭筋・ハムストリングなど主要な部位を一度に効率よく動かせるわけ。その上ジョギングよりも手軽な運動であり、ジョギングで縄跳び以上のカロリーを消費しようと思うと、1マイル(約1.6km)8分以上のペースで走る必要があります。なお、他にも骨の健康にとっても良い運動で、続ければ呼吸効率の向上にもつながるという優れた面も持ち合わせています。

そんな縄跳びの次元を一段階上げてくれるのがSMART ROPE。


使用時はスマートフォンとペアリングして使います。


専用アプリに身長・体重を入力すると、自動でユーザーの消費カロリーやBMI値が計測され、ペアリングしたSMART ROPEで跳んだ回数もアプリが記録してくれます。アプリでは各ジャンプごとにどれくらいのカロリーを消費しているのかが見られ、BMI値とユーザーの能力から、独自のインターバルトレーニングを組んでもらうことも可能です。


スマートウォッチでトレーニングの成果を確認することもできます。


また、SMART ROPEのロープ部分にはLEDが埋め込んであり、跳ぶ度に目の前に回数が表示されるようになっています。


SMART ROPEのグリップ部分はこんな感じ。デザインは縄跳びとは思えないくらいに洗練されています。


そんなSMART ROPEがどんなプロダクトになっているのかをより理解できるのが以下のムービーです。

The Evolution of a Classic - Smart Rope on Vimeo


縄跳びをするひとりの女性。


ピョンピョン跳ぶ度に目の前に数字が表示され、「どれくらい運動しているのか?」が視覚的に分かりやすくなっているわけ。


どこかのオフィスでデザインされているのが……


SMART ROPE。カラフルな色見本を見ながらさまざまな試作品が作られている模様。


続いて出てきたのはピカピカ光る紐状のLEDライト。


どうやらこちらはSMART ROPEのロープ部分のよう。SMART ROPEに使用されているLEDは全部で23個で、跳んでいる際にはこれらのLEDライトが跳んだ回数を表示してくれるわけです。


SMART ROPEの試作機を使ってピョンピョン。


こちらは専用アプリのインターフェースデザイン中。ただ跳んでいる回数を測るだけでなく、消費カロリーの計算や目標設定、トレーニングメニューの立案まで行ってくれるアプリになるようです。


SMART ROPEの試作機を作成中。


SMART ROPEにはロープの回転数を正確に検知可能な磁気センサーが搭載されており、他にもスマートフォンと通信するためのBluetooth 4.0や電源ボタン、充電用のMini-USBポートなどがあります。


電源ボタンはグリップ部分の底面にあり、これを使ってスマートフォンやスマートウォッチとのペアリングも行います。


運動時間を表示するモードもあります。


SMART ROPEのロープ部分はグリップから45度の角度で伸びており……


先端部分がクルクル回るようになっています。内部にはボールベアリングが内蔵されており、スムーズにロープが回転できるように設計されています。


なお、SMART ROPEには4サイズ用意されており、サイズごとのロープの長さと、適切な身長については以下の通り。

・Small
ロープ部分の長さ:243センチメートル、適切な身長:152センチメートル~163センチメートル

・Medium
ロープ部分の長さ:258センチメートル、適切な身長:165センチメートル~175センチメートル

・Large
ロープ部分の長さ:274センチメートル、適切な身長:178センチメートル~188センチメートル

・X-Large
ロープ部分の長さ:287センチメートル、適切な身長:191センチメートル~201センチメートル

SMART ROPEは現在クラウドファンディングサイトKickstarterにて出資を募っている最中で、目標額の6万ドル(約720万円)をはるかに超える16万ドル(約1900万円)以上の金額を集めており、製品化はほぼ確実。既に1800人以上の縄跳びマニアたちがSMART ROPEに出資しており、60ドル(約7200円)の出資でSMART ROPEをひとつゲット可能で、70ドルの出資ならばSMART ROPEと専用のシリコンカバー、100ドル(約1万2000円)の出資ならSMART ROPEひとつと専用の木製ギフトボックス+ボックスに名前の刻印を入れることも可能。その他複数個を同時購入するプランも存在し、1000ドル(約12万円)の出資で18金製のSMART ROPEをゲットすることもでき、日本への配送には別途5ドル(約600円)~20ドル(約2400円)が必要となります。


なお、「SMART ROPE」の出資期限は2015年4月6日の23時です。

Smart Rope by Joen Choe — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1990698791/smart-rope

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

消費カロリーやジャンプした回数を記録してスマホと連携する縄跳び「Revolve」 - GIGAZINE

個人認証システムで事故を防止する「スマートガン」とそれにまつわる騒動 - GIGAZINE

「感情を検知するスマートブラ」をMicrosoftが開発中 - GIGAZINE

クーラーボックスなのになぜかミキサー・オーディオ・USB電源などを内蔵した「COOLEST」 - GIGAZINE

ソニーが特許出願中の付け毛はGPS・バイブ・レーザーポインター・カメラ搭載のスマートデバイスっぽい端末 - GIGAZINE

72

in ソフトウェア,   ハードウェア,   動画, Posted by logu_ii