アニメ

ディズニーがアニメ「ムーラン」を実写映画化する動き


古代中国を舞台に一人の少女が性別を隠して従軍し、戦士として成長していくというディズニーアニメ「ムーラン」が、「シンデレラ」や「マレフィセント」に続いて実写化されることが明らかになりました。

Disney Developing Live-Action 'Mulan' (Exclusive) - Hollywood Reporter
http://www.hollywoodreporter.com/news/disney-developing-live-action-mulan-784892

ディズニーのアニメ「ムーラン」は1998年に公開された、古代中国を舞台にしたアニメーション。徴兵令のもと、病を患った父親の代わりに男装して従軍した一人娘のムーランが、訓練で失敗したり周囲に意地悪されながらも努力によって力をつけ、立派な戦士に成長していくというストーリーです。他のディズニーアニメと比べ日本では知名度が高くないものの、本国アメリカでは高い評価を受けアニー賞も受賞。特にミュージカル場面が「素晴らしい」と言われており、Amazonレビューでは「初めてアジアを舞台にしたディズニー映画長編アニメとして話題を集めた意欲作。原作こそ古来より中国に伝わる寓話だが、そこに西洋人の描いた東洋人キャラや世界観などが入り込むことによって、日本人からすると正直とっつきにくくなった部分も多いのだが、そんな違和感を払拭するに足るジェリー・ゴールドスミスの壮大な音楽が素晴らしく、この点だけでも一見の価値ある映画といえよう」と記されています。

by chris.alcoran

ディズニーの「ムーラン」の予告編は以下のムービーから見ることができます。

ムーラン(日本語吹替版) - YouTube


イントゥ・ザ・ウッズ」や「シンデレラ」「マレフィセント」など、近年、アニメーションの実写化に力を入れているディズニーが、次に実写化されると言われているのが、このムーランです。ディズニーはすでにエリザベス・マーティン氏とローレン・ハイネック氏の脚本を購入しており、プロデューサーのクリス・ベンダー氏とJ.C.スピンク氏はプロジェクトに取りかかっているとのこと。

by Carlos

マレフィセント・シンデレラと、近年のディズニーアニメの実写化は興行的にも成功しており、2017年の3月には映画「ハリー・ポッター」のハーマイオニー役で有名なエマ・ワトソンが主演する「美女と野獣」が公開される予定です。さらに、オオカミに育てられた人間の少年を動物たちが人間社会に戻そうとする「ジャングル・ブック」に加え、ティム・バートン監督の指揮のもと「アリス・イン・ワンダーランド 2」や「ダンボ」が実写化される動きもあります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ディズニー映画のキャラクターが官能恋愛映画で愛を表現してしまったら? - GIGAZINE

ディズニーのアニメの動きがまるで生きているように感じる秘密がわかる「キャラクターに命を吹き込む12の法則」 - GIGAZINE

ディズニープリンセスの大きな瞳に隠されたアニメの歴史とは? - GIGAZINE

ディズニーの「トゥモローランド」最新予告編が公開、謎に包まれまくっていた世界観が一気に明らかに - GIGAZINE

東京ディズニーリゾートに遊びに来た女の子のアニメCMが破壊力抜群 - GIGAZINE

ディズニープリンセスのセクシーピンナップ2012カレンダー - GIGAZINE

大人の色気を前面に押し出したディズニープリンセスたち - GIGAZINE

成長してセクシーになったディズニープリンセスたち、なぜか「クマー」も登場 - GIGAZINE

ディズニーのプリンセスたちをリアルな写真にするとこうなる - GIGAZINE

in アニメ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.