ゲーム

なぜマインクラフトは教育だけでなく自閉症やADHDにも効果があるのか?

By Kevin Jarrett

スウェーデンでマインクラフトを必修科目に取り入れようとする学校が登場したり、日本でもゲームを使った教育を考えるイベントで子どものIT教育向けにマインクラフトが使用されたり、マインクラフトを教育に役立つツールとして捉える動きが世界各地で出ています。こういった動きがある中で、自閉症やADHDといった発達障害を持つ子どもにも良い効果があるとして、子ども向けアプリを紹介するサイトのLearningWorks for Kidsがマインクラフトを取り上げています。

Minecraft - LearningWorks for Kids
http://learningworksforkids.com/playbooks/minecraft/

マインクラフトはブロックでできた広大な世界で自由にモノを構築するゲームです。広大な世界を探検しながら材料を調達したり、構造物を建築するための道具も自分で作る必要があります。また、複数人が一度に接続可能なマルチプレイサーバに接続すれば、他人と同じ世界で遊ぶことも可能です。

By Mike Cooke

基本的な1人プレイでは、夜になるとモンスターが襲ってくるので、昼の間にモンスターから身を隠すための建物を作る必要があり、その作業には集中力や計画性、時間管理能力といったものが求められます。また、さまざまな材料を組み合わせて工作することで、創造力を育てることが可能。LearningWorks for Kidsによれば、こういったマインクラフトの教育的要素が自閉症やADHDに良い効果をもたらすそうです。

コミュニケーションに障害・困難が生じたり、こだわりが強くなったりする精神障害の一種の自閉症には、他者との協力が必要不可欠なマルチプレイヤーモードが有効とのこと。自閉症の子どもは自分が建てたい建物だけに一生懸命になると思われそうですが、マルチプレイヤーモードであれば自分の目標を達成するためには、どのように他のプレイヤーと協力していくかがカギになるので、必然的にコミュニケーションについて学習できるというわけです。

By AngelsWings

「マルチプレイヤーのプレイ要素は、自閉症の子どもが目標を達成するためにどうやって他人と協力すべきか、他人とのコミュニケーションにおける話し方や返答の仕方を学ぶことができる」とLearningWorks for Kidsは述べています。また、ゲームをプレイしながら「建物や道具を作るために何の材料が必要なのか、材料を入手するためには何をすべきなのか」といったことを考える必要があり、計画性だけでなく、思わぬハプニングに遭遇したときに必要な問題解決法も学ぶことができるとのこと。

もちろん親のサポートも必要で、自閉症の子どもがゲーム内で問題にぶつかったら、問題を解決するヒントをコミュニケーションを取りながら与えることも重要です。

注意欠陥や多動性といった症状を特徴とするADHDの子どもがマインクラフトをプレイする場合、親はプレイ時間を厳しく管理する必要があります。プレイ時間が限定されることで、子どもは時間内にやりたいこと終わらせるために計画を立て、また、短時間だけでも集中する必要があるので注意力欠如を和らげる効果があるとのこと。ただし、大切なのは親が子どもと「どういった計画を立てればプレイ時間内に目標を達成できるか」「立てた計画を実行するには何から順番にこなしていくべきか」を話し合うことです。

By ostD7000

「木を採取する」「ドアを作る」といった簡単な目標を最初は設定し、いくつかの目標を達成した後に、子どもは「家を建てる」といった大きな目標に挑戦したがるはずです。子どもが大きな目標を求めた場合には、注意が欠如した行動を取ると失敗することを説明し、目標をクリアするのに1つずつこなしていくタスクを子どもと一緒に決めます。こうすることで、子どもは目標達成に向けた一貫性のある行動や、前もって準備することの重要性を学べるとのことです。

マインクラフトのゲーム自体に教育的要素があるのは一目瞭然ですが、楽しそうにゲームをしているからといって放置するのではなく、親が適切な管理をした上で一緒にプレイすることで、マインクラフトの良さを引き出して自閉症やADHDなどの発達障害を持つ子どもにも良い影響を与えられるそうです。

・関連記事
マインクラフトの世界観でコンピュータエンジニアの卵を育むツールボックス「Piper」 - GIGAZINE

わずか1024バイトでマインクラフトの世界を再現した猛者が登場 - GIGAZINE

ADHDは作られた病であることを「ADHDの父」が死ぬ前に認める - GIGAZINE

マインクラフトでデンマーク政府が国土を4兆個・1TBもの超大作で再現したらぶっ壊されまくる事態に - GIGAZINE

100万人近くの児童がADHD(注意欠陥多動性障害)と誤診か、学年の中で生まれが遅いことが背景に - GIGAZINE

マインクラフトで生み出された圧倒的クオリティの超大作が堪能できる「WesterosCraft」 - GIGAZINE

注意欠如・多動症(ADHD)の症状を和らげる良薬は「運動」であるという研究報告 - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by darkhorse_log