Windows10ではユーザーが利用できるストレージ容量が数GB分増加することが判明

By downloadsource.fr

Microsoftから新しくリリースされる「Windows10」は、PC・スマートフォン・タブレットのすべてで動作するOSになっています。そんなWindows10では、従来と比べてシステムが占有するストレージ容量が格段にコンパクトになり、ユーザー側が使用できる端末のストレージ容量も増加するようです。

How Windows 10 achieves its compact footprint
http://blogs.windows.com/bloggingwindows/2015/03/16/how-windows-10-achieves-its-compact-footprint/


Windows 10は2つの独立したアプローチにより、システム側が必要とするストレージ容量を削減することに成功しています。その2つのアプローチというのが、ひとつはWindows 10にて導入された効果的な圧縮アルゴリズムによるシステムファイルの圧縮で、もうひとつが個別の復元ツールの強化を必要条件から削除する、というもの。

これにより、現在の構成のWindowsならば、32bit版で1.5GB、64bit版で2.6GBのストレージ使用量を削減可能となります。スマートフォンでも同じ圧縮アルゴリズムを使用可能で、Windows 10搭載機は同様にストレージの容量に空きができるわけです。

また、MicrosoftはWindowsの初期化や再起動時の機能を再設計しているそうで、もはやWindows搭載端末を初期状態に戻すために、復元ツール用の容量を別個で用意する必要もなくなるというわけ。これにより、一般的な端末上では4GBから12GBものストレージ容量を削減できるようになります。ただし、スマートフォンではストレージに最適化された復元ツールが存在するので、この恩恵はスマートフォン側では受けられません。

これらの結果、64bit版のWindows 10搭載端末の場合、6.6GB分のストレージ容量が自由に使えるようになるわけです。

・関連記事
なぜWindows 10が「特別なOS」なのかが一発で分かる新機能まとめ - GIGAZINE

Windows 10テクニカルプレビューをインストールして使ってみた - GIGAZINE

Windows 10は無料でWindows 7・Windows 8.1などからアップグレード可能 - GIGAZINE

「Windows 10」の新UIでスタートボタンが復活、ムービーで見るとこんな感じ - GIGAZINE

Windows 10ではコマンドプロンプトが地味かつ大幅に進化 - GIGAZINE

94

in ソフトウェア, Posted by logu_ii