「スター・ウォーズ エピソード8」の公開日が決定しスピンオフの詳細も判明


2015年12月18日に公開予定の映画「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」の続編となる「スター・ウォーズ エピソード8」の公開日が正式に決定し、また、シリーズ初となる独立型スピンオフ作品「Rogue One」の公開日やキャストなどの詳細が判明しています。

Rogue One Title Revealed, Rian Johnson Confirmed for Star Wars: Episode VIII | StarWars.com
http://www.starwars.com/news/rogue-one-is-the-first-star-wars-stand-alone-film-rian-johnson-to-write-and-direct-star-wars-episode-viii

スター・ウォーズ エピソード7の配給元であるウォルト・ディズニーが3月12日に開いた株主総会で、シリーズの続編となる「スター・ウォーズ エピソード8」を2017年5月26日にアメリカで公開することを発表しました。エピソード8の監督および脚本を務めるのは、エピソード7を手がけたJ・J・エイブラムスではなく、映画「BRICK ブリック」や「LOOPER/ルーパー」の監督のライアン・ジョンソン。J・J・エイブラムスは同作品の製作総指揮を務めます。

株主総会ではエピソード8以外に、スター・ウォーズシリーズ初の独立型スピンオフ作品のタイトルが「ROGUE ONE」になり、エピソード8より一足早い2016年12月16日に公開することも発表されました。ROGUE ONEはスタンドアロンのスピンオフ作品ということで、本編とは完全に切り離した話になりそうです。同作品の監督は「GODZILLA ゴジラ」で脚光を浴びたギャレス・エドワーズ、脚本は「アバウト・ア・ボーイ」でアカデミー賞脚本賞にノミネートしたクリス・ワイツ、主演は「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズが務めます。


2015年にエピソード7、2016年にROGUE ONE、2017年にエピソード8と3年連続でスター・ウォーズ関連の作品が公開されることになり、今から公開が楽しみです。

・関連記事
「スター・ウォーズ」オリジナル予告編が復活しYouTubeで公開中 - GIGAZINE

ついに「スター・ウォーズ エピソード7」の予告編公開、ミレニアム・ファルコン復活 - GIGAZINE

映画「スター・ウォーズ」が日本の時代劇の影響を受けた経緯がよくわかるムービー - GIGAZINE

J・J・エイブラムスに告ぐ「スター・ウォーズを台無しにしない4つのルール」 - GIGAZINE

映画「スター・ウォーズ」の世界の銀河系地図 - GIGAZINE

「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」の編集前映像がLDから発掘される - GIGAZINE

完全再現されたスター・ウォーズの世界に没入できる新感覚シューティング「スター・ウォーズ:バトル ポッド」 - GIGAZINE

256

in 映画, Posted by darkhorse_log