レビュー

「Apple Watch」を自分の好きな組み合わせで作れる「mixyourwatch」


2015年4月に出荷の開始が予定されているApple Watchは異なる3つのモデルがあり、バンド部分は交換可能と言われていますが、そんなApple Watchのケースとバンドを組み合わせて自分好みにデザイン可能なのが「mixyourwatch」です。まだ見ぬApple Watchに思いをはせたり自分の理想のApple Watchを思い描いてどのモデルを購入するか心構えしたりが可能となっています。

mixyourwatch
http://mixyourwatch.com/

トップページにはApple Watchの正面写真と横から見た写真が表示されており、その下ではケースとバンドの種類が選べるようになっています。


ケースはスチール・アルミニウム・ゴールドの3種類があり、スチールは「ステンレス」と「スペースブラック」の2色、アルミニウムは「シルバー」と「スペースグレイ」の2色、ゴールドは「ゴールド」と「ローズ」の2色から選べます。


バンドはフルオロエラストマー・レザー・スチールの3種類。フルオロエラストマーはゴムの一種で、色はブルー・ブラック・ホワイト・ピンク・グリーンの5色から選べます。レザーは「ブライトブルー」「ブライトブラウン」「ストーン」「ブラック」「レッド」「ブルー」「ブラウン」「ピンク」から色をチョイスでき、スチールには「ステンレス」「スペースブラック」「ミラネーゼループ」の3種類があります。


例えばデフォルトではシルバーのアルミニウムケース×水色のフルオロエラストマー製バンドのApple Watchが表示されていますが、スチールの「ステンレス」というボタンを押すと、正面と横から見た時のケース部分がやや光沢を帯びた素材に変化します。


「スペースブラック」の場合はこんな感じ。


ゴールドのケースを選択すると、エレガントなケースとカジュアルなバンド部分がやや不釣り合いな印象ですが……


ケースがゴールドの「ローズ」、バンドがフルオロエラストマーの「ブラック」だと合わないこともないような……?といったように、自分好みのApple Watchをデザインしていけるというわけです。


フルオロエラストマー製のバンドとの組み合わせがいまいちだった「ゴールド」も、「ブライトブルー」のレザーバンドと組み合わせるとしっくり。


レザーバンドだと全体的にエレガントになるので、フォーマルでも使えそうです。


スチールの「ステンレス」バンドと、ゴールドのケースの組み合わせ。


ただ、ものによってはケースの色合いとバンドのパーツの色合いが統一できず、「これは無理がある組み合わせもありました。


2014年9月の発表では、ケースは「Apple Watch」「Apple Watch Sport」「Apple Watch Edition」の3つに分かれており、「Apple Watch Sportは運動時の激しい動きにも耐えられるようにアルミニウムケースとフルオロエラストマー製のバンドの組み合わせ」といったように、100%自由に組み合わせられるわけではないのですが、mixyourwatch上なら思い通りのApple Watchのデザインを楽しめるわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Apple Watch」の驚くべきテクノロジーと洗練されたデザインがよくわかる公式ムービー - GIGAZINE

Apple Watchには消費電力の少ないパワーリザーブモードが搭載予定か - GIGAZINE

Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」から機能がいくつか削除される見込み - GIGAZINE

Apple Watchの公式ページが更新され、イマイチ分からなかった詳細部分が明らかに - GIGAZINE

Apple Watchのバッテリーはどれくらい持つのか詳細が判明 - GIGAZINE

「Apple Watch」は一体何の役に立って便利なのか?が一発で理解できるApple公式ムービー登場 - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.