iPhoneでもAndroidでも使えるスマートウォッチ、新型「Pebble Time」登場


iOSとAndroidの両方に対応し、最長で7日間の連続駆動が可能な腕時計型ウェアラブルデバイスの「Pebble」はクラウドファンディングサイトのKickstarterで大きな人気を博し、キャンペーン終了後には実際に市販化されるに至っています。そんなPebbleから、新たにカラーディスプレイを備え、新しいUIを搭載した「Pebble Time」が発表されました。

Pebble Smartwatch | Smartwatch for iPhone & Android
https://getpebble.com

Pebble Timeがどのような製品なのかは、以下のムービーなどを見るとわかるようになっています。


2012年に発表されたスマートウォッチ「Pebble」は、世界中の多くの人から支持されたアイテム。


全世界で100万本以上という販売実績からも、その人気っぷりを知ることができます。


また、Amazonで最も売れた時計になったこともあります。


今や、世界中で多くの人に愛用されているPebble。


そんなPebbleが新たに開発したスマートウォッチが「Pebble Time」です。


Pebbleは最初のモデルからディスプレイに消費電力の少ないeペーパーを採用していたのですが、Pebble Timeではこれがついにカラー化されることに。より広い表現の幅を手に入れることになりました。


エルゴノミックデザインが取り入れられ、腕にフィットした付け心地を実現。


すでにPebble用に6500個以上の専用アプリが開発されていますが、Pebble Timeはその全てに対応しているので、手にしたその日からフルに機能を使うことが可能です。


eペーパーは日光の下でも抜群の読みやすさを実現。これは液晶ディスプレイにはない大きなメリットの一つです。


防水性能も備えており、軽い雨やランニングで汗をかいたりしても大丈夫。


使いやすいインターフェースを搭載し、手軽に「今から行くよ」などのメッセージを相手に送ることが可能。


アプリを使えば、ジョギングやサイクリングなどのワークアウトをトラッキングすることもできます。


Pebble TimeはiPhoneとAndroidの両方に対応。


マイクで音声コントロールできるなど、まさにスマートウォッチの王道を行く豊富な機能。


そして前述の通り、ディスプレイにeペーパーを採用することで抜群の長時間駆動を実現。残量を常に気にしなければならず、毎日充電する必要があるAndroid Wearや同様と予想されるApple Watchとは別次元の便利さを備えているといえそう。


新型となったPebble Timeは新たなUI「TIMELINE」を導入。


「過去(Past)」「現在(Present)」「未来(Future)」の3つをそれぞれ専用のボタンに割り当てて、直感的な操作が可能になっています。


例えば、3つ並んだボタンの一番下「Future」を押すと、今日の予定を確認したり……


天気予報を確認することが可能。


上のボタン「Past」を押すと、直近に受信したメールの概要や……


ワークアウトした運動の記録を確認することができます。


そして真ん中の「Present」では、現在時刻はもちろんのこと、スマートフォンで聴いている音楽の内容を表示させたり……


アラームとして使うこともできます。


電話がかかってきた時に応答することも可能。


「今ムービーの撮影中なので、あとでかけ直します」などのようにメッセージを残すことができるようになっています。


そんな新型「Pebble Time」はスクリーンにゴリラガラスを採用して高い耐久性を実現。ボディカラーはブラック、ホワイト、レッドの3色からチョイスすることが可能。一般的な22ミリ幅の腕時計用ベルトが使えるので、自分用にカスタマイズすることも簡単にできるようになっています。


そんなPebble TimeがクラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集したところ、すさまじい勢いで応募が殺到。目標額の50万ドル(約6000万円)を軽々とクリアし、わずか30分あまりで100万ドル(約1億2000万円)を突破してしまうというKickstarterでも最速の部類に入る資金調達を見せつけることになりました。記事作成時点では3万人を超える出資者から700万ドル(約8億3000万円)というとてつもない額を集め、その後も続々とその金額を伸ばし続けています。

早期割引きとなるEarly Birdプランは秒殺で枠が埋まってしまったようですが、記事作成時点では179ドル(約2万1000円)の出資でPebble Timeを1個ゲットすることが可能。2個の場合は338ドル(約4万円)、5個の場合で845ドル(約10万円)などのプランが用意されています。


なお、日本への発送には、個数に応じて10ドルから55ドル(約1200円~6600円)の送料が別途必要です。出資の締め切りは日本時間で2015年3月28日(土)11時0分となっており、出荷時期は2015年5月ごろが予定されています。

Pebble Time - Awesome Smartwatch, No Compromises by Pebble Technology — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/597507018/pebble-time-awesome-smartwatch-no-compromises


◆つづき
AppleでもAndroidでもないスマートウォッチ「Pebble Time」実機レビューが登場 - GIGAZINE

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

24通りのデザインが楽しめる腕時計「FES Watch」はソニーが社名を隠してクラウドファンディングしたプロジェクトだったことが明らかに - GIGAZINE

スマートウォッチ「Android Wear」を使い倒すための無料アプリ12選レビュー - GIGAZINE

Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」から機能がいくつか削除される見込み - GIGAZINE

18KのApple Watchの発売で「ジュエリーストア」へ変化するApple Store - GIGAZINE

24通りのデザインが楽しめる腕時計「FES Watch」はソニーが社名を隠してクラウドファンディングしたプロジェクトだったことが明らかに - GIGAZINE

丸型フェイスで竜頭ボタンもついたスマートウォッチ「LG G Watch R」速攻ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

Apple Watchのバッテリーはどれくらい持つのか詳細が判明 - GIGAZINE

金属パーツをあしらったスリムでコンパクトな高級感あふれるスマートウォッチ「LG Watch Urbane」が登場 - GIGAZINE

スマートウォッチと連携するBMWの全自動運転カーは衝突回避・自動駐車が可能 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logx_tm