×
ゲーム

マインクラフト上でリアルな日本列島を再現してしまった強者が登場


四角いブロックを自在に配置して自分だけの世界を作り上げたり、その世界を冒険したりできるものづくりゲーム「マインクラフト」が世界中で人気を博していますが、その世界の中で日本列島を再現してしまった人が出現しました。

はるとりみなと | Minecraft
http://harutori.yu-yake.com/minecraft.html

この大事業に取り組んだのは、「はるとりみなと」を運営するヴォストクさん。以下のように、細かいところまで緻密に再現されたワールドマップが完成しています。

このマップ作成に要した時間はわずか5日程度とのこと。そんな日本の「国土」はかなりの精度で再現されているようで、富士山の再現度はこんな感じ。

関東平野はこんな感じ。建物がないとかなり印象が変わります。

ヴォストクさんのTwitterアカウントでは、これ以外にも多くの風景がアップされています。

公開後はかなりの反響を得たようで、一時的にサーバーを停止させるほどの人気があった様子。

その後、サイトからはワールドデータ「日本列島」のデータをダウンロード可能にもなっています。

かなりの完成度が感じられる日本列島のワールドデータですが、過去にも世界の地形をマインクラフト上で再現するという試みが行われたことがあります。2014年には、デンマーク政府が自国土をマインクラフト上で再現したところ、心ないユーザーによって速攻でぶっ壊されまくるという事態が発生していたこともありました。

マインクラフトでデンマーク政府が国土を4兆個・1TBもの超大作で再現したらぶっ壊されまくる事態に - GIGAZINE


地形の再現だけには収まらないのがマインクラフトの面白いところ。インタラクティブに動作する特性を活かして、ワールド上にコンピューターのメモリを機械的に再現してしまった人もいます。

Minecraftで実際に動作する1KBの記憶装置を作成した強者が登場 - GIGAZINE


さらに、スウェーデンの学校でマインクラフトを必修科目にするという動きがあったり、GoogleとNASAが量子物理学の概念を体験できるMODデータ「qCraft」を作成するなど、マインクラフトは多くの活用方法が存在しています。

スウェーデン生まれのマインクラフトですが、2014年には開発元のMojangがMicrosoftによって2680億円で買収されました。

Microsoftが「Minecraft」開発元を2680億円で買収、その経緯とは? - GIGAZINE


なお、マインクラフトはPC版をはじめXbox 360版PlayStation版など、多くのプラットフォームで楽しむことが可能。PC版は以下のサイトから26ドル95セント(約2490円)でダウンロード購入することができます。

Minecraft
https://minecraft.net/


また、ダウンロード販売のみだったPS Vita版「マインクラフト」に、店頭などで購入できるパッケージ版が3月19日(木)に登場するなど、さらに幅広い遊び方が登場しています。価格は税込2592円となっており、Amazonでは少しお得な2118円で予約受付が開始されています。

Amazon.co.jp: Minecraft: PlayStation Vita Edition: ゲーム
http://www.amazon.co.jp/dp/B00T5EGJMK/

・関連記事
マインクラフトで生み出された圧倒的クオリティの超大作が堪能できる「WesterosCraft」 - GIGAZINE

マインクラフトの世界で驚くほど忠実に再現されたジブリの世界 - GIGAZINE

マインクラフトで記憶装置搭載ワープロを2年かけて作成した猛者が登場 - GIGAZINE

マインクラフトに新たに「ストーリーモード」が登場することが判明 - GIGAZINE

Microsoftが「Minecraft」開発元を2680億円で買収、その経緯とは? - GIGAZINE

in ネットサービス,   ゲーム, Posted by logx_tm