アニメ

虚淵玄×奈須きのこ×紅玉いづき×しまどりる×成田良悟によるアニメ「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」2015年夏放送開始


ロールプレイングフィクション「レッドドラゴン」を原案としたメディアミックス「ケイオスプロジェクト」が始動し、その1つとしてテレビアニメ「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」が2015年夏に放送開始予定であることが明らかになりました。

『ケイオスプロジェクト』公式サイト
http://chaosdragon.jp/

TVアニメ『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』公式サイト
http://chaosdragon.red/

『レッドドラゴン』 | 最前線
http://sai-zen-sen.jp/special/reddragon/

「レッドドラゴン」は虚淵玄(「Fate/Zero」「鬼哭街」など)、奈須きのこ(「空の境界」など)、紅玉いづき(「ミミズクと夜の王」「MAMA」「雪蟷螂」など)、しまどりる(「絶対絶望少女」イベントカットなど)、成田良悟(「デュラララ!!」「バッカーノ!」)の5人が集まり、テーブルトークRPGのルールをもとに真剣勝負のセッションを繰り広げて生み出された“最高のフィクション”で、「ロールプレイングフィクション」と称されています。このシナリオを担当し、物語を設計したのはクリエイター集団・グループSNE出身の三田誠

そのレッドドラゴンを原案としてあらゆるコラボレーションが集結するのが本格メディアミックス「ケイオスプロジェクト」だとのこと。映像化を含むメディアミックスが進められていることは6巻の帯で明かされていました。

[新刊案内] 2014.05.28 | RPF レッドドラゴン 6 第六夜(下) 果ての果て | 星海社
http://www.seikaisha.co.jp/information/2014/05/28-rpf-1502.html


テレビアニメ「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」は、ケイオスプロジェクトの始まりを紡ぐ物語。舞台は煌歴三○一五年の世界で、守護神「赤の竜」が暴走した小国ニル・カムイをめぐる物語が描かれます。


監督は「暗殺教室」「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation」OP監督の松根マサト、シリーズ構成はテーブルトークRPGのデザイナーであり「マクロスF」の小説群でも知られる小太刀右京(チーム・バレルロール)。また、構成補に「エウレカセブンAO」「UN-GO」「天保異聞 妖奇士」などの脚本を手がけた會川昇が入り、音楽は「ファイナルファンタジーⅫ」などを手がける崎元仁が担当。アニメーション制作はSILVERLINK.とCONNECTの共同制作。


また、同時にストーリング・ボードゲーム「ケイオスドラゴン 覇王春秋」、スマートフォンゲーム「ケイオスドラゴン 混沌戦争」もスタート。覇王春秋は赤竜戦役の10年後の世界を描くもので、混沌戦争はボードゲームの展開とも連携する物語を全プレイヤーで築き上げるゲームになるとのこと。

©混沌計画/「ケイオスドラゴン赤竜戦役」 製作委員会

しまどりるさんによる始動ツイート。

・関連記事
虚淵玄・水島精二監督にとって初の劇場版オリジナル作品「楽園追放」とは - GIGAZINE

アニメでよく見る「(ニトロプラス)」とは一体何なのか? - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.9」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

in アニメ, Posted by logc_nt