×
試食

タリーズのバリスタコンテスト最優秀ドリンク「アーモンドプラリネソイラテ」と「ハニーホワイトモカ」を飲んできた


タリーズが2月18日(水)から、社内バリスタコンテストで最優秀ドリンク賞に輝いた「アーモンドプラリネソイラテ」と、「ハニーホワイトモカ」を期間限定で販売しています。寒い季節にぴったりなドリンクだったので、さっそくお店に行ってきました。

商品情報 | シーズナルスペシャルティ | TULLY'S COFFEE
http://www.tullys.co.jp/menu/seasonal/index.html

タリーズコーヒーに到着。


お店の前でも新商品をアピール。


お店に入ってみると……


レジの上にも新商品を発見。さっそく注文してみます。


待つこと5分弱でメニューが到着。アーモンドプラリネソイラテは豆乳を使ったドリンクなので、「SOY MILK」と書かれたシールが貼られています。


それぞれふたを開けるとこんな感じ。


アーモンドプラリネソイラテは、メープルソースとアーモンドプラリネクランチが載っています。


クリームの上にはトッピングがたっぷり。


クリームをすくって食べるとメープルのコッテリとした甘味、アーモンドの香りがクリームと良く合っており、洋菓子のような組み合わせ。クリームがかなりたっぷり載っているので、ラテに溶けるとかなりコクが加わります。


ラテには豆乳が使われていますが、違和感がなくしっくりとはまっており、豆乳が好きでない人でも飲めそうな作り。苦味もあまり感じられずコーヒーが嫌いな人でも飲めそうな作りになっているので、多くの人に受け入れられそうです。


ハニーホワイトモカは、ホワイトモカを溶かした甘さ控えめのカフェモカに、クリームとはちみつをトッピングした一品。


クリームの上にはちみつがたっぷりかかっていますが、ホワイトチョコはかかっていないようです。


まずはクリームからすくって食べてみると、コーヒーの香りがほのかに感じられ、柔らかな食感のクリームに優しい甘さのはちみつが良く合っていました。


ホワイトチョコの入ったモカも、コーヒーの苦味はあまり感じられず、ホワイトチョコの味もほとんど感じられませんが、コクがあり甘さは控えめで飲みやすい作り。アーモンドプラリネソイラテ、ハニーホワイトモカともにアイスでも注文はできますが、メイプルソースやはちみつがしっかりラテに溶けるので、どちらかというとホットを注文した方が良さそうです。


なお、アーモンドプラリネソイラテはそれぞれ税込でショート430円・トール480円・グランデ530円・エノルメ580円、ハニーホワイトモカはそれぞれ税込でショート450円・トール500円・グランデ550円・エノルメ600円となっています。いずれも苦味が控えめでコーヒーが苦手な人でも飲みやすい作りになっているので普段コーヒーを飲まない人にもオススメです。

・関連記事
ミルク・エスプレッソがリニューアルされたスターバックスのラテ新旧飲み比べ - GIGAZINE

お湯を注いで4分放置するだけで本格コーヒーが完成、30分以上も保温可能なコーヒーメーカー「Cafesolo」 - GIGAZINE

コーヒーと仮眠の効果をいいとこ取りした裏技「コーヒーナップ」とは? - GIGAZINE

数千種類のコーヒーやカプチーノがスマホからボタン1つ押すだけで作れて自動洗浄機能も搭載している「Arist」 - GIGAZINE

コーヒー豆から見つかった鎮痛物質はモルヒネより強力 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log