レビュー

Googleマップ上で走り屋となり車や大型バスであらゆる場所を爆走できる「2D自動車シミュレーター」


Googleマップは航空写真に切り替えたり、ストリートビューで歩き回ったりするだけで、まだ見ぬ場所の雰囲気を味わうことが可能ですが、そんな航空写真のGoogleマップを自動車で走り回れるのが「2D自動車シミュレーター」です。

2D自動車シミュレーター on Google Maps
http://framesynthesis.jp/drivingsimulator/maps/

2D自動車シミュレーターで東名高速道路を爆走している様子は以下のムービーから見ることができます。

「2D自動車シミュレーター」で東名高速を爆走してみた - YouTube


「2D自動車シミュレーター」とは、航空写真のGoogleマップ上を車で自由に走り回れるシミュレーター。アウトバーンを全速力でぶっ飛ばしたり、エッフェル塔に突撃したりしてもOKです。キーボードの方向キーで操作でき、「Del」「PageDown」が左右のウィンカー、「H」がハザードランプ、「End」で各ランプを停止させることが可能です。


Googleマップを走り回るには。「START」をクリック。


するとこんな感じで車がたくさん駐車されている駐車場からスタート。


ちゃんとウインカーを出しつつ左折します。ハンドルが右下に出ているので、バックの時に方向が分からなくなってもすぐに理解できるはず。


最高速度は時速120km。カーブしながらバックすると、ドリフトっぽい動きができるなど、割と正確に車の動きを再現しています。


障害物に接触しても何も起こらないので、恐れることなく発見したスタジアムに突っ込むことができました。


また、「おすすめロケーション」をクリックすると、「東京駅」「JR京都駅前」「凱旋門」「Google本社」などへワープが可能。


左上の枠に地名や住所を入力してもOK。直島のカボチャを探しにきたところ、無事発見することができました。


また、左上のアイコンをクリックすることで、車種を車から大型バスに切り替えることが可能。車よりもカーブが曲がりづらいため、Google本社に停車中の車に突っ込んでしまいました。


大型バスで京都市街など、あちこちを走り回っている様子は以下のムービーに収めています。

「2D自動車シミュレーター」大型バスバージョン - YouTube


なお、「2D自動車シミュレーター」を開発したフレームシンセシスは、他にもUnityを使った「3D駐車シミュレーター」や、Google Earthを走り回れる「3D自動車シミュレーター」などの無料ゲームを提供しています。Google Earthがプラグイン切れとなっていますが、プレイ自体は可能なので、一度試してみてください。

フレームシンセシス(旧ジオクエイク)
http://framesynthesis.jp/

・関連記事
無料で大空を自由に飛行できるフライトシミュレーターアプリ「X-Plane 10 Mobile Flight Simulator」レビュー - GIGAZINE

Google マップを使ったフライトシミュレータ「Goggles」 - GIGAZINE

学校に行き過ぎると「死ぬ」という無茶苦茶な設定で単位を取りまくるゲーム「単位落としシミュレーター」 - GIGAZINE

2000円から体験できる本格的レーシングシミュレーターで楽しみながらドライビングの腕を磨いてきました - GIGAZINE

ゾンビがどれぐらいの早さで感染していくのかシミュレートできる「Zombie Outbreak Simulator」 - GIGAZINE

地球シミュレータ vs 30000台のPS3 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス,   動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log