取材

1インチセンサー&光学25倍ズームのハイエンドコンデジ「PowerShot G3 X」


スマートフォンのカメラ性能の向上にともなって押されぎみのコンパクトデジカメは、ソニーのRX100シリーズなど1インチの大型センサーを搭載した高級モデルが人気です。キヤノンはCP+2015に1インチセンサー&25倍ズームのハイエンドデジカメ「PowerShot G3 X」を参考出品しています。

キヤノンのブースに到着。


何やら人だかりが。


お目当てはこの「PowerShot G3 X」


PowerShot G3 Xは1.0インチサイズの大型センサーを搭載したハイエンドコンデジです。


24mmから600mmの光学ズームは25倍に到達。つまりはPowerShot G7 Xのズーム対応版という位置づけです。600mmあるのでかなりの望遠までこれ1台で事足りそうです。


NFCにも対応している模様。


日本初公開のPowerShot G3 Xは、現時点では開放F値などスペックは未定。また、発売も2015年内には間に合わないとのことです。PowerShot G3 Xは発売されればソニーのDSC-RX10やPanasonicのDMC-FZ1000などの大型センサー&光学ズームのハイエンドコンパクトデジカメを圧倒する存在になりそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
日本最大級のカメラ・写真イベント「CP+2015」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

5センチまで被写体に寄れるキヤノンのハイエンドデジカメ「PowerShot G1 X Mark II」フォトレビュー - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.