「Raspberry Pi 2」にWindows 10が無償提供されることが決定


先日、人気のシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 2」が発売されましたが、Raspberry Pi 2にはMicrosoftの次期OS・「Windows 10」が無償提供されることが明らかになりました。

Windows 10 Coming to Raspberry Pi 2
http://blogs.windows.com/buildingapps/2015/02/02/windows-10-coming-to-raspberry-pi-2/

Raspberry Pi 2 on sale now at $35 | Raspberry Pi
http://www.raspberrypi.org/raspberry-pi-2-on-sale/

Raspberry Pi 2は2015年2月1日に発売された人気のシングルボードコンピュータの最新モデル。SoC にARM Cortex A7(4コア900MHz)、1GBメモリを搭載。従来モデルに比べるとRaspberry Pi 2はCPUがCortex A7になりシングルスレッドあたりで1.5倍、4コアあわせて6倍高速化し、メモリも倍増の1GBにアップ、ビデオ性能も20倍以上と大幅な性能向上を果たしています。


シングルボードコンピュータRaspberry Piでどんなことができるのかは、以下の記事を見れば一発で理解できます。

2歳の誕生日を迎えたRaspberry Piの偉大な功績を振り返るとこんな感じ - GIGAZINE


シングルボードコンピュータでオリジナルデバイスを創る人たちは「Maker」と呼ばれますが、MicrosoftはMakerコミュニティが生み出してきたスマートに接続する作品の数々に次世代コンピューティングの「波」を感じると賞賛した上で、「すでにIoT(Internet of Things:モノのインターネット)分野においてIntel Galileo 2をサポートして開発環境を提供すると発表したのに続いて、Makerコミュニティで最も高い人気を誇るRaspberry Piシリーズの最新モデルにWindows 10を無償提供できてうれしい」と発表しています。

次期OS・Windows 10は次世代コンピューティングの大きなテーマであるIoTもサポートする予定で、PC・スマートフォン・タブレット端末・ゲーム機にIoTを加えてWindows 10の一大エコシステムの構築をもくろむMicrosoftは、圧倒的人気を誇るRaspberry PiのMakerコミュニティを取り込むべく、Windows 10および開発環境の無償提供に踏み切ったというわけです。

なぜWindows 10が「特別なOS」なのかが一発で分かる新機能まとめ - GIGAZINE


Raspberry Pi 2(Model B)は35ドル(約4000円)という低価格であり、ケースや電源などをそろえても激安1万円でPCの形にすることは可能。そこにWindows 10が搭載できるというわけで、Raspberry PiのMakerコミュニティだけでなく、Raspberry Piに興味がある人や激安マシンを自作したいという人まで含めて多くの人にとって、Raspberry Pi 2にWindows 10が無償提供されることは歓迎できるニュースと言えそうです。

なお、Raspberry Pi 2向けのWindows 10はWindows Developer Program for IoTを通じて2015年後半に提供される予定です。

・関連記事
2歳の誕生日を迎えたRaspberry Piの偉大な功績を振り返るとこんな感じ - GIGAZINE

3分の1サイズの初代Macintoshをラズベリーパイで再現した「Mini Mac」 - GIGAZINE

激安で高機能カーナビをRaspberry Piで自作できるキット「iCarus」 - GIGAZINE

格安シングルボードコンピュータのRaspberry Piに新モデルの「Model B+」が登場 - GIGAZINE

Raspberry Piで自作したバーコードから自動で調理を行える電子レンジ - GIGAZINE

無料でRaspberry Piを送ればデータセンターに置いてくれるコロケーションサービス開始、応募が殺到中 - GIGAZINE

367

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logv_to