手作業では製造不可能な複雑な立体チョコレートを出力できる3Dプリンター「CocoJet」


3Dチョコプリンターを共同開発すると発表していたチョコレート会社HERSHEY'S(ハーシーズ)と3Dプリンターを製造する3D Systemsが、3Dチョコプリンターの最新版試作機「CocoJet」を国際見本市CES 2015で展示していました。YouTubeで公開されたCocoJetのムービーからは3Dチョコプリンターがいよいよ市販間近の段階まで開発が進んでいるのが確認できます。

CocoJet 3D Printer - YouTube


これが3Dチョコプリンター「CocoJet」。出力されてくるチョコレートはケース内部にあるファンで冷却されます。


CocoJetはタッチパネルで操作可能。


プリントするのは……


もちろんチョコレート。チョコレートは1層1層積み重ねるように出力されていきます。


チョコレートを溶かすのに使う専用溶媒の成分は企業秘密とのこと。


プリントするチョコレートの形は自由自在。


チョコレートはDark・Milk・Whiteの3種類に対応。


徐々に立体チョコレートが形作られてきました。出力できるチョコレートは最大でグレープフルーツ程度とのこと。なお、CocoJetで1時間に出力できるチョコレートは一口サイズのものならば4~5個となっています。


こんな感じで正二十面体型のチョコレートができました。複雑な立体構造を持つチョコレートは3Dプリンターならではの造形美を備えています。


CocoJetは主にショコラティエ(チョコレート職人)に向けた製品で、2015年後半に発売予定とのこと。チョコレートを出力できる3Dプリンターが普及すれば、手作業では作れないさまざまな形のチョコレートが続々と登場しそうです。

・関連記事
チョコレート会社ハーシーズが3Dプリント技術を用いたお菓子開発を発表 - GIGAZINE

食べ物の出力が可能な3Dプリンター「ChefJet」が2014年の後半にリリース予定 - GIGAZINE

3Dプリンターで食べ物を印刷へ、既存の食事を置き換える可能性もあり - GIGAZINE

3Dプリンターで作られたあまりにも芸術的な砂糖菓子いろいろ - GIGAZINE

巨大な3Dプリンタを使い一軒家を20時間で建ててしまう「Contour Crafting」 - GIGAZINE

3Dプリントでピザを作る会社にNASAが出資、宇宙でピザを焼ける日が到来する可能性もあり - GIGAZINE

3Dプリンターで出力したミリメシをアメリカ陸軍が導入に向けて開発中 - GIGAZINE

3Dプリンターの進化で「鉄より強く・水より軽い」夢の素材が誕生する可能性 - GIGAZINE

世界初のチョコレート3Dプリンタの販売がスタート - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   , Posted by logv_to