動画

イスラム国が日本人1名を殺害したとする画像・動画がネット上に投稿される


イスラム国が日本人2人の身代金2億ドルを72時間以内に支払わなければ殺害すると警告していた件について、YouTubeに湯川遥菜さんの首が切断された写真を後藤健二さんが持っている画像・動画が投稿されているのが発見され、NHKなども速報で報じています。

“拘束の1人殺害”とする画像 ネットに投稿 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150125/j68044610000.html

官房長官会見「言語同断の許し難い暴挙」 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150125/j68044810000.html

NHKの報道は以下のようになっています


投稿された動画のURLは「https://www.youtube.com/watch?v=MUCK2ET07Ew」になり、削除されていますが、既に以下のようにあちこちにコピーされています。

HarunaYukawaExecution - Dailymotion動画


再生を開始すると以下のような字幕がまず表示され、日本政府と後藤健二さんの家族宛のメッセージだとされています


次に出てくるのが以下の画像です。実際に首が切断されている写真が合成されたようなものになっています。

【閲覧注意、自己責任でお願いします。クリックすると実際の画像を確認できます】


そしてメッセージが流れる、という感じになっています。

【これも閲覧注意、自己責任でお願いします。クリックすると実際の画像を確認できます】


なお、イスラム国は2005年にヨルダンのホテルで夫と共に自爆テロをしたが、不発で生き残ったある女性(サジダ・アル・リシャウィ)の釈放を要求しており、なぜイスラム国はこの女性を重要視しているかというと、イスラム国の前身のアルカイダにてザルカウィの側近であったことから、精神的象徴とみなされるようになった模様。既に一審で死刑判決となっているが現在も上告中であり、この女性の釈放と引き換えに後藤さんは釈放される、というようなことを発言しているとみられています。

官房長官が緊急の会見を行ったりしていることからも、信ぴょう性はある程度ありそうですが、情報が錯綜しており、そもそも上記の画像が本物なのかというのも現時点ではまだ不明です。

2015/01/25 1:11追記
何を話しているかという詳細な内容をNHKが報じており、「湯川さんを殺したのは、あなただ。われわれの指導者の要求を真剣に受け止めず、72時間以内に行動を起こさなかったからだ」「妻よ、愛している。2人の子どもに会いたい」「同じことを繰り返させないでくれ。諦めないで、家族や友人、そして私の会社の同僚と共に日本政府に圧力をかけ続けてくれ」「イスラム国の要求は難しいものではない。彼らはもはや金を要求しているのではなく、テロリストに資金を渡すという心配をする必要はない。彼らは拘束されているサジダ・アル・リシャウィの解放を求めているだけだ。彼女が解放されれば私も解放される」「これは実現可能な要求だ。皮肉にも日本政府は極めて近いところにいる。サジダはヨルダン当局に拘束されている」「もう一度繰り返すが、私の命を救うのは簡単なことだ。サジダをヨルダンから解放すれば私も自由になれる」「妻よ、これが私のこの世での最後の数時間になるかもしれない。これを私の最後のことばにしないでくれ。総理は私を見殺しにしないでくれ」と言っているようです。

2015/01/25 1:26追記
安倍首相が人質を即時解放するように要求していく、という旨のことを述べ、関係閣僚会議を緊急で行っているとのことで、先ほど終了したようです。


2015/01/25 1:44追記
午前1時半頃の安倍首相による記者会見の内容は以下のようになっています。


記者:閣僚会議ではどのようなお話をされたのでしょうか?
安倍:現在あらゆる外交ルートそして手段を尽くして開放に向けて取り組んでいます。
その中で湯川遥菜さんが殺害されたとみられる写真がインターネットに配信されました。
ご家族のご心痛は察するに余りあり、言葉もありません。
このようなテロ行為は言語道断であり許しがたい暴挙です。
強い憤りを覚えます。断固として非難します。
改めて後藤健二さんに危害を加えないよう、そして直ちに解放するよう強く要求します。
日本政府としては引き続きテロに屈することなく国際社会と共に世界の平和と安定に積極的に貢献して参ります。
今後も邦人の解放に向けて政府を上げて取り組んでまいります。

2015/01/25 2:06追記
政府がほぼ断定している理由として、日本時間の24日にこのYouTubeのムービーと同じ画像が後藤さんの妻宛にメール送信されていたことが政府関係者の証言で明らかになっています。

2015/01/25 2:17追記
ロイター通信によると、アメリカの情報機関が画像の真偽を検証中とのことです。

・つづき
イスラム国が「残された時間は24時間」として「捕虜の後藤健二から2番目で最後となるメッセージ」のムービーをネット上に公開

・関連記事
「イスラム国(ISIS)」の活動拠点は一体どこにあるのかをGoogle Earthで丸裸にする方法 - GIGAZINE

「ISIS愛してる」とFacebookに投稿した女性が逮捕される - GIGAZINE

テロリストが著作権違反を主張して反イスラムYouTuberの個人情報を取得 - GIGAZINE

Wikipedia、イスラム教徒18万人からのムハンマド画像削除依頼を猛烈拒絶中 - GIGAZINE

世界史上初、イスラム教徒の数がカトリックを上回る - GIGAZINE

かなり珍しいイスラム教のアイコンセット「Islamic Icon」 - GIGAZINE

イランで数え切れない親切を受けて思う、核兵器を持たずに存在感を示して欲しいということ - GIGAZINE

イスラム国が日本人2人の身代金2億ドルを72時間以内に支払わなければ殺害すると警告 - GIGAZINE

イスラム国の覆面男「ジハーディ・ジョン」の死亡が正式に発表される - GIGAZINE

イスラム国の「聖戦士ジョン」の正体だとされる男はどんな人物なのか? - GIGAZINE

in 動画,   Posted by darkhorse