飲むだけで生きていける食品「ソイレント」が24億円の出資獲得で大量生産へ前進


肉や野菜といった従来の食事をとらずに体に必要な栄養素を摂取可能な「ソイレント」は、世界的な問題となっている食糧問題の解決策になる可能性があり、クラウドファンディングでの資金調達から製品化、そして出荷が2014年に始まりました。そのソイレントが2000万ドル(約24億円)の資金調達をし、いよいよ大量生産に向けて準備が整ってきたようです。

Soylent : Soylent’s Next Chapter
http://blog.soylent.me/post/108074810737/soylents-next-chapter

Soylent Raises Money : Mostly Harmless
http://robrhinehart.com/?p=1192

粉末を水に溶かして飲むタイプの栄養食品であるソイレントは、飲むだけで1日に必要な栄養素の全てをまかなうことができ、毎日食事を摂取する必要がなくなるという栄養食品。クラウドファンディングで出資を募った際には、目標金額の10万ドル(当時のレートで約1000万円)に対して、なんと200万ドル(約2億円)以上の出資を集め、ユーザーから大きな期待を寄せられていました。


ソイレントは設備が整っていないにもかかわらず予想を大幅に上回る注文があったため、出荷に遅れが生じていましたが、今回Andreessen Horowitz・Lerer Ventures・Index Venturesといった企業から2000万ドル(約24億円)の資金調達に成功。同社によると、資金調達によりソイレントの製造業者を2社増やし、生産量を現在の50倍まで増加させるそうです。


また、生産規模に合わせて出荷も拡大させる予定とのこと。出荷スピードを上げ、注文してからすぐに配送できるように出荷プロセスの整備を行います。さらに、生産と出荷規模を拡大することにより、ソイレントの販売価格の引き下げも検討予定。記事執筆時におけるソイレントの値段は最も安い「7袋入り(約21回分)」が70ドル(約8200円)からとなっています。


食事に取って代わることができ、近い将来訪れるかもしれない食糧危機に対する解決策の1つとして注目を集めていますが、ソイレントだけの食事を長期間とり続けたレポートでは肉体的な問題が発生しなかったものの、精神的なストレスが高く、「食事という行為は人間の喜びや社会性といった部分に深い関わりを持っている」と指摘する医者がいるのも事実です。

・関連記事
食事が不要になる完全栄養食「ソイレント」がついに出荷を開始 - GIGAZINE

「ソイレント」だけを30日間飲んで過ごすとどうなるのか? - GIGAZINE

ソイレントがバージョン1.1にパワーアップ、一体何が変わったのか? - GIGAZINE

肉や野菜を食べずに生きられるようにする新たな食品「ソイレント」とは? - GIGAZINE

「ソイレントは何でできているのか」をソイレント公式ブログが公開 - GIGAZINE

ソイレントの栄養成分表がついに完成&公開、2月には製品版が配送される模様 - GIGAZINE

「ソイレント」だけを食べて2週間生活すると何が起こるのか? - GIGAZINE

ソイレントを自分で作ることができるレシピ「DIY Soylent」 - GIGAZINE

568

in ,   メモ, Posted by darkhorse_log