パナソニックがFirefox OS搭載4Kスマートテレビを2015年春にもリリース予定


スマートテレビ向けのオープンプラットフォームとして「Firefox OS」の開発・推進に向けてMozillaとパートナーシップを締結したパナソニックが、Firefox OS搭載の次世代4Kスマートテレビを2015年春頃にもリリース予定であることを明らかにしました。

Panasonic will release Firefox OS TVs later this spring | The Verge
http://www.theverge.com/2015/1/5/7494887/panasonic-will-release-firefox-os-tvs-later-this-spring-ces-2015

Firefox OS spreads from phones to TVs | Ars Technica
http://arstechnica.com/gadgets/2015/01/firefox-os-spreads-from-phones-to-tvs/

全米家電協会(CEA:Consumer Electronics Association)がアメリカのラスベガスで開催中の、家電・情報・通信・エレクトロニクスに関する総合展示会「CES 2015」で、パナソニックがプレスカンファレンスを開催しました。そのプレスカンファレンスにおいて、パナソニックは2014年にパートナーシップをした締結したMozillaのFirefox OSを搭載したスマートテレビの登場が、2015年春頃になることを正式に発表。


リリースが予定されているFirefox OS搭載スマートテレビは、HTML5やWeb技術を利用して現在流通しているスマートテレビよりもオープンなモノになるとのことです。具体的には、ユーザーがインターネット・テレビ放送だけでなくスマートフォンやタブレット端末などの他デバイスから映像コンテンツやサービスを、それぞれの利用シーンに合わせて楽しめるようになります。

また、オープンプラットフォームのFirefox OSを搭載することで、アプリケーション開発者が従来にはなかったアプリケーションやサービスを自由に開発することが可能。さらにはWeb APIを使うことで、スマートテレビから家電やスマートフォン、スマートウォッチなどの操作をできるようになります。


プレスカンファレンスで公開されたスマートテレビのUIはこんな感じで、フラットデザインがベースになっています。


なお、パナソニックのFirefox OS搭載スマートテレビは2015年春頃に登場する予定ですが、値段は記事執筆現在のところ明らかにされていません。

・関連記事
日本初のauから登場したFirefox OS搭載スマホ「Fx0」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

LG製のスマートTVがUSB内のファイル名と閲覧記録をこっそりサーバに送信していたことが判明 - GIGAZINE

パナソニックが次世代スマートテレビにFirefox OSを搭載することが判明 - GIGAZINE

市場に出回るほぼ全てのスマートTVをハッキング可能な「レッドボタン攻撃」とは? - GIGAZINE

Firefoxベースのメディアストリーミング端末をMozillaが開発中、Chromecastの対抗馬へ - GIGAZINE

LGがスマートTVから閲覧記録を収集し広告配信に使用していたことを認める - GIGAZINE

たった3800円で購入できるFirefox OSスマホの使い心地は一体どうなのか? - GIGAZINE

97

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log