ムービー

「攻殻機動隊 新劇場版」の2015年初夏公開が決定、特報ムービー公開


2014年に劇場公開された「攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone」の本編ラストで、攻殻機動隊の新しい映画が製作されること、および作品が2015年に公開予定であることが明かされました。本日1月8日(木)にこの公式サイトがリニューアルされ、映画の正式タイトルが「攻殻機動隊 新劇場版」であることと、2015年初夏公開であることが発表されました。

また、特報ムービーも同時に公開されています。

映画『攻殻機動隊 新劇場版』
http://kokaku-a.jp/

これが特報ムービー。

攻殻機動隊 新劇場版 - YouTube


「攻殻機動隊 新劇場版」のポスタービジュアルはこんな感じ。キャッチコピーは「目覚めたゴーストがささやく――」


ロゴはこれ。


新劇場版の製作について、アニメを制作しているProduction I.Gの石川光久社長は「『攻殻機動隊 新劇場版』に挑戦することをここで発表します」と声明を発表しましたが、実は正式タイトルがすでに明かされていたわけです。


「攻殻機動隊」は士郎正宗さんが1989年に生み出したマンガで、1995年に押井守監督による映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」が公開されました。映画は、知られているだけでも「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟や「タイタニック」「アバター」のジェームズ・キャメロンなど、数多くのクリエイターに影響を与えました。

作品の舞台は西暦2029年。情報ネットワークとサイボーグ技術が発達して、人々の意志は電脳に繋がれています。その電脳で起きる犯罪を制圧するために組織されたのが、全身が義体のサイボーグ・草薙素子率いる内務省直属の攻性独立部隊、通称「攻殻機動隊」です。

原作者・士郎正宗さんは以下のコメントを発表しています。

『攻殻機動隊』は「最初から劇場用作品として制作されたもの」に限ると1作目『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、2作目『イノセンス』、3作目『攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』に続いて、『攻殻機動隊 新劇場版』が4作目となる。25年前には『攻殻機動隊』というタイトルがこんなに長く生き延びて、遠いところまで旅をする事になるとは思わなかった。関係者諸氏に感謝すると共に、今回も既存作品同様、多くの方々に楽しんで頂ける作品になる事を祈っている。


・スタッフ
原作:士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉
脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス
監督:野村和也
総作画監督:大久保徹
アニメーション制作:Production I.G
製作:「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
配給:東宝映像事業部
公式サイト:http://kokaku-a.jp/
攻殻機動隊25周年記念サイト:https://www.bandaivisual.co.jp/koukaku-special/

・キャスト
坂本真綾、塾一久、松田健一郎、新垣樽助、咲野俊介、中國卓郎、上田燿司、中井和哉、沢城みゆき

©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「攻殻機動隊」ハリウッド実写版の「草薙素子」役にスカーレット・ヨハンソン - GIGAZINE

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を現在の技術で作ったファンムービー「Project 2501」 - GIGAZINE

レゴで作られた実際に動ける「攻殻機動隊」のタチコマムービー - GIGAZINE

攻殻機動隊がサイバー犯罪を撲滅、「ネットは広大だわ。しかし逃げることは出来ない。」 - GIGAZINE

攻殻機動隊のヘッドマウントディスプレイっぽい世界をリアルに体験できる「HMZ没入快感研究所」に行ってきました - GIGAZINE

攻殻機動隊の光学迷彩を実現するシートがタコやイカをヒントに開発中 - GIGAZINE

in 動画,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.