ハードウェア

手描き3Dプリントを実現するペンが超絶改良され「3Doodler 2.0」として登場


ペン先から樹脂素材を抽出して手描きで3Dプリントが可能なペン「3Doodler」は、画期的なアイデアながらも編集部員が実際にレビューしたところ使い勝手はまずまずといったところでしたが、新たに細さが4分の1、重量が半分になって樹脂の抽出速度が上昇した改良版の「3Doodler 2.0」がKickstarterに登場しました。なんとプロジェクト開始からわずか16分で3万ドル(約360万円)の目標出資額を突破しています。

3Doodler 2.0: The World’s First 3D Printing Pen, Reinvented by WobbleWorks LLC. — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1351910088/3doodler-20-the-worlds-first-3d-printing-pen-reinv

前モデルの3Doodlerを改良してスリムなデザインになったのが「3Doodler 2.0」。3Doodlerは樹脂の出る速度がゆっくりなので、立体物の作成は経験とコツが必要でしたが、3Doodler 2.0なら手の動かす速度に合わせてよどみなく樹脂が押し出されています。


使い方は専用の樹脂スティックを後方から差し込むだけ。


熱によってペン先から出てくるスティックによって絵を描いたり立体物を作成したりできるわけです。


真っ白なノートに絵をかきかき。


と思ったら瞬く間に立体的な犬が仕上がってしまいました。


妖怪のせいではなく溶解した樹脂を使って、あの人気キャラクターを制作することも可能。


自転車・飛行機・モニュメント・シカなどが作られています。


なんと3Doodler 2.0で作ったハサミなら……


本当に紙をチョキチョキとカット可能。


改良された3Doodler 2.0なら、以下のように多彩な作品作りを可能にしてくれるわけです。


具体的にどのように改良されたのかというと、ペン本体は4分の1も細くなって持ちやすくなり、重量は半分の50gに。ペンの材質はプラスチックからアルミニウムに変更され、より頑丈になっています。


ノズルと駆動方式はより使い勝手を追求して再設計が行われました。


樹脂の抽出速度が上昇したほか、2段階の「速度可変方式」を採用。


ボタンをダブルクリックすることで樹脂を流しっぱなしにできるようになり、ずっとボタンを押し続ける必要がなくなったのも便利なポイント。


周辺アクセサリも強化されました。以下はABS樹脂なら2時間、PLA樹脂なら3時間ノンストップで電源がない場所でも3Doodler 2.0が使える「ジェットパック」。


速度可変式の樹脂抽出を足で行える「フットペダル」、作業速度を円滑にする6本のペン先と取り付け用ツールがセットになった「ノズルセット」、ペンと樹脂スティックを立てて置ける「DoodleStand」など、前モデルにはなかったアイテムがずらり。


なお、出資額によってゲットできる製品は以下のようになっています。

・50ドル(約6000円):売り切れ
・85ドル(約1万000円):3Doodler 2.0×1本、PLA樹脂スティック×4パック(合計100本)、2000名限定
・99ドル(約1万1000円):同上、500名限定
・130ドル(約1万5000円):3Doodler 2.0×1本、PLA樹脂スティック×4パック(合計100本)、DoodleStand×1台、ノズルセット×1個、500名限定
・150ドル(約1万7000円):3Doodler 2.0×1本、PLA樹脂スティック×4パック(合計100本)、ジェットパック×1個、500名限定
・175ドル(約2万円):3Doodler 2.0×1本、PLA樹脂スティック×4パック(合計100本)、DoodleStand×1台、ノズルセット×1個、ジェットパック×1個、500名限定
・195ドル(約2万3000円):3Doodler 2.0×1本、PLA樹脂スティック×4パック(合計100本)、DoodleStand×1台、ノズルセット×1個、ジェットパック×1個、フットペダル×1個、500名限定
・198ドル(約2万3000円):3Doodler 2.0×2本、PLA樹脂スティック×8パック(合計200本)、200名限定
・260ドル(約3万円):3Doodler 2.0×2本、PLA樹脂スティック×8パック(合計200本)、DoodleStand×2台、ノズルセット×2個、200名限定
・275ドル(約3万2000円):ゴールドカラー特別版 3Doodler 2.0×1本、PLA樹脂スティック×4パック(合計100本)、DoodleStand×1台、ノズルセット×1個、ジェットパック×1個、フットペダル×1個、500名限定
・300ドル(約3万5000円):3Doodler 2.0×2本、PLA樹脂スティック×8パック(合計200本)、ジェットパック×2個、300名限定
・350ドル(約4万1000円):3Doodler 2.0×2本、PLA樹脂スティック×8パック(合計200本)、DoodleStand×2台、ノズルセット×2個、ジェットパック×2個、200名限定
・390ドル(約4万6000円):3Doodler 2.0×2本、PLA樹脂スティック×8パック(合計200本)、DoodleStand×2台、ノズルセット×2個、ジェットパック×2個、フットペダル×2個、200名限定
・500ドル(約6万円):3Doodler 2.0×4本、PLA樹脂スティック×16パック(合計400本)、DoodleStand×2台、ノズルセット×1個、ジェットパック×1個、フットペダル×1個、200名限定


・Education Bundle 1000ドル(約12万円):(生徒用)3Doodler 2.0×12本、PLA樹脂スティック×1200本、DoodleStand×12台、ノズルセット×4個、ジェットパック×1個、フットペダル×3個+(教師用)3Doodler 2.0×1本、PLA樹脂スティック×4パック(合計100本)、DoodleStand×1台、ノズルセット×1個、ジェットパック×1個、フットペダル×1個、200名限定


なお、製品の発送は2015年5月ごろを予定しており、アメリカ国外への発送も可能ですが費用は不明です。出資の締め切りは日本時間で2015年1月25日(日)の22時56分となっています。

・関連記事
3Dプリントが手描きで行えるペン「3Doodler」であれこれ作ってみました - GIGAZINE

世界初の手描き3Dプリントが可能なペン「3Doodler」、専用ソフトは不要で6000円台から - GIGAZINE

日本発の3Dプリンター銃「Defender Mk.II」など所持容疑で逮捕、一体どのようにして銃を作ってしまったのか? - GIGAZINE

世界初のカーボンファイバー出力対応3Dプリンター「Mark One」 - GIGAZINE

3Dプリンター・3Dスキャナー・レーザー彫刻機能が1台になった「FLUX」 - GIGAZINE

世界最安で3Dプリント・3Dスキャン・フライス盤加工が可能な複合機プリンタ「FABtotum」 - GIGAZINE

巨大な3Dプリンタを使い一軒家を20時間で建ててしまう「Contour Crafting」 - GIGAZINE

3Dプリントでピザを作る会社にNASAが出資、宇宙でピザを焼ける日が到来する可能性もあり - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   デザイン, Posted by darkhorse_log