乗り物

Googleの全自動運転カーが2015年1月に路上走行テスト開始


2014年5月にGoogleは「ハンドルやペダルがない自動運転カー」を公開しました。一般人を乗せた走行テストで性能の高さを見せつけた自動運転カーは、2015年1月についに公道での走行試験を開始します。

Today we’re unwrapping the best holiday gift we could’ve imagined: the first…
https://plus.google.com/+GoogleSelfDrivingCars/posts/9WBWP2E4GDu

これは2014年5月に公開された自動運転カー。丸みを帯びたフォルムで非常にかわいいデザインの乗り物です。


そして、今回、Googleからの"クリスマスプレゼント"として公開された、路上走行テストが決定した最新版・自動運転カーの写真がこれ。ルーフの「LIDAR」と呼ばれるレーザーセンサーはパトライトのようなコンパクトタイプに変更されています。また、前回の車両ではダミーだったヘッドライトが搭載されていることから、もしかすると夜間の走行試験もあるのかも……。


Googleの自動運転カープロジェクトが「初の完璧な試作機」と呼ぶこのマシンは、2015年1月にカリフォルニアの北部で公道走行試験が行われる予定です。

・関連記事
Googleのハンドル・ペダルがない自動運転カーの性能に圧倒されるムービーまとめ - GIGAZINE

Googleの自動運転カーは複雑な交通状況の市街地でもすでに実用レベルの自動走行が可能 - GIGAZINE

自動運転カーは年間43兆円のコストと90%のけが人を減らせると試算される - GIGAZINE

セルフドライビングカーは2035年には乗用車の75%を占めるようになる - GIGAZINE

自動運転を実現するGoogleの自動運転カーの外界認識センサーはこんなにある - GIGAZINE

セルフドライビングカーが現状で抱えている問題点をMIT研究者が指摘 - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物, Posted by logv_to