試食

「メロンパンの皮」のチョコチップとメープル味がフジパンから販売されていたので買って食べてみた


ヤマザキから地域限定でメロンパンの皮だけを商品にした「メロンパンの皮焼いちゃいました」が発売されましたが、今度はフジパンから販売されている「メロンパンの皮」という商品を発見し、直球すぎるネーミングの商品がどんなものか気になったので実際に食べてみました。

これがフジパンから販売されている「メロンパンの皮」チョコチップ味とメープル味。


まずはチョコチップ味の「メロンパンの皮」から見てみます。カロリーは1個217kcalで、原材料は小麦粉・砂糖・マーガリン・チョコチップなど。特殊な材料などが使われている様子はありません。


メープル味がこれ。パッケージは黄色いストライプ模様で、窓がメロンの形に描かれています。カロリーは205kcalとチョコチップよりは少なめ、原材料は小麦粉・砂糖・卵・ショートニング・メープルシュガーなど。


ということで開封してみました。


比較用にヤマザキから発売されたメロンパンの皮焼いちゃいましたも購入。これは1個税込76円・245kcalだったので、上記2つよりは少しカロリーが高めです。


3つの大きさはほぼ同じ。


手にスッポリ持ててしまうほどの小ぶりなサイズです。


横から見ると、真ん中になるほど分厚くなっていく山型でした。


チョコチップの「メロンパンの皮」の表面には、びっしりではないものの、たっぷりのチョコチップが散らしてありました。


食べてみると、ザクザクしていたヤマザキの「メロンパンの皮焼いちゃいました」よりはややソフトに仕上げてあり、サクサクとした食感の中に少ししっとり感もあります。表面に砂糖が振りかけられておらずチョコチップを練りこんであるので、間違いなくおいしいのですが、通常のメロンパンをさらにアレンジしてあるため「メロンパンの皮」と言われないと普通のクッキーと間違えそうです。


続いてメープル。


これも横から見るとふっくら山型。


表面には砂糖が振りかけられています。


これもややソフトなサクサクした食感で、口に入れるとほんのりメープルの香りが広がります。小ぶりなサイズなのであっという間においしく食べられてしまうのですが、アレンジがきけばきくほど「メロンパンの皮ってなんだっけ」という状態に。


「メロンパンの皮……皮?」とよく分からなくなってきたので、本当にメロンパンの皮なのかどうか確かめるべく、パンの上に載せてみました。


もぐもぐ食べてみると圧倒的に「チョコチップメロンパン!!!」。単品だとアレンジが強くクッキーっぽさが目立ったメロンパンの皮ですが、パンと一緒に食べるとクッキーよりもややソフトな食感といい、味といい、本当にメロンパンだったということがよく分かります。もちろん単品でもお菓子としておいしく食べられるメロンパンの皮ですが、パンと一緒に食べるとしっかりアイデンティティーを取り戻せていました。


なお、今回はチョコチップとメープルしかゲットできなかったのですが、フジパン「メロンパンの皮」はプレーンを入れて全3種類が販売されている様子。公式ページに商品の姿は見当たらないものの、1個73円で購入したので、価格はヤマザキとそこまで変わらないようです。

・関連記事
メロンパンの皮だけを商品にした地域限定「メロンパンの皮焼いちゃいました」を見つけたので食べてみた - GIGAZINE

カレーとメロンパンが奇跡の融合を果たした「カレーメロンパン」を食べてみた - GIGAZINE

メロンパンではない「メロンパンケーキ」はどんな食べ物なのか?実際に試食してみました - GIGAZINE

食べづらい程かわいいペンギンさんたちのパンを100年以上続くパン屋さんでムシャムシャ食べてきました - GIGAZINE

ふわふわプニプニの肉球を頬張れる「ねこのて」パンを食べてみた - GIGAZINE

パンなのにクリスマス向けチキンにしか見えない「チキンパン」と「オムライスパン」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa