スタバの「ストロベリー&クッキーチーズケーキ」と「To Go カップ クッキー」を食べてきました


スターバックスは11月からホリデーシーズン向けのドリンクを発売していますが、12月1日(月)からもクリスマス向けのメニューを発売しています。その中でもクリスマスっぽい色の「ストロベリー&クッキーチーズケーキ」とワンハンドで持ち運べる「To Go カップ クッキー」が気になったので食べてみました。

商品情報 クランベリー ブリス ホワイト モカ|スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/cafe/?nid=mca_01_pc

To Go カップ クッキー|スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/food/package/4524785253247/?category=food

スターバックスに到着。


レジの前に行くと……


黒板のドリンクの横にもストロベリー&クッキーチーズケーキを発見。レジ横にあったTo Go カップ クッキーと一緒に頼んでみます。


2つの商品を持ってテーブルへ。


ストロベリー&クッキーチーズケーキ(税抜き440円)は、ブラックココアクッキーと2種類のチーズを使ったチーズケーキ生地に、ストロベリーフィリングを載せた一品。


ストロベリーフィリングにはかなり粒が残っているようです。


クリーム・チーズが入ったスポンジ・土台にはブラックココアクッキーが確認できます。


まずはフィリングとクリームを食べてみると、粒感がしっかり残っており甘酸っぱいいちごの味とクリームの味は鉄板。この部分だけ食べるとショートケーキに近い感じです。


チーズ入りのスポンジケーキは甘味・チーズの味ともに強く、さらにチョコレートも入っているのでかなり重量級の冬らしい味わいに仕上がっています。


土台のチョコクッキーも合わせて食べると、チョコの苦味が感じられるものの全体的にはかなり甘い印象。スターバックスで売っているデザートだけあり、ドリンクと一緒に食べるのが前提のようです。


To Go カップ クッキー(税抜480円)のカップは、スターバックスのコールドドリンク提供時のものに似ており、ブラックココアクッキー・ホワイトチョコレートマカダミアクッキーがそれぞれ5枚ずつ入っています。


シールの文字は全て英語で書かれており、デザインもアメリカっぽい雰囲気。


原材料は日本語で書かれており、小麦粉や砂糖といったクッキーに使う原材料が確認できます。


カロリーは1カップ10枚あたり425kcalで、サブウェイのえびアボカド(290kcal)よりも高め。


ふたを開けて食べてみます。


ブラックココアクッキーは、色が濃いだけありかなりチョコの味が強いクッキーで、甘さよりもチョコの味が勝る味。アーモンドが入っておりサクサクとした食感も感じるものの、クッキー生地自体は柔らかい食感に仕上がっており、この食感は好き嫌いが分かれそう。


ホワイトチョコレートマカダミアクッキーは、ブラックココアクッキーに比べると味はあっさりしているものの、マカダミアナッツの味はなかなか強め。コーヒーと一緒に買って浸して食べると良さそうですが、税込で500円を超える値段はやや高めな気がします。


なお、ストロベリー&クッキーチーズケーキ・To Go カップ クッキーとも期間限定の販売になっています。

・関連記事
スタバの新作4品を全国13店しかないコンセプトストアの1つ富山環水公園店で味わってきました - GIGAZINE

ミルク・エスプレッソがリニューアルされたスターバックスのラテ新旧飲み比べ - GIGAZINE

「銃を店内に持ち込まないで下さい」とスターバックスCEOが意見表明 - GIGAZINE

明治時代の洋館の雰囲気が色濃く残るスターバックス「神戸北野異人館店」がリニューアルしたので行ってきました - GIGAZINE

木組みのデザインが独特の雰囲気を醸し出しているスターバックス「太宰府天満宮表参道店」に行ってきました - GIGAZINE

「カフェイン抜き」をスターバックスで注文する方法 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log