Gmail・Facebook・Dropboxなどに不正アクセスされそうになったら通知してくれる無料アプリ「LogDog」


Gmailには普段アクセスしない海外からのアクセスなど、不正アクセスが疑われる場合に警告メールを送ってくれる機能があります。このような不正なアクセスが疑われる場合に通知してくれる機能を、Gmail(Googleアカウント)だけでなく、FacebookやDropboxやEvernoteのアカウントでも実現して不正アクセスがないかを監視できるアプリが「LogDog」です。

LogDog - Anti Hacking Protection
https://getlogdog.com/

Google Playからアプリ「LogDog」を検索して、「インストール」をタップ。


「同意する」をタップ。


「開く」をタップしてLogDogを起動させます。


これがLogDogのトップ画面。まずは不正アクセスされていないか監視するアカウントを追加します。右上の「+」をタップ。


記事作成時点で監視できるのはGoogleアカウント・Facebookアカウント・Dropboxアカウント・Yahoo.comアカウント・Evernoteアカウントです。Googleアカウントを追加するには「Protect Google」をタップ。


Googleアカウント情報を入力したら「OK」をタップ。


ログインするのを待つと……


こんな感じでトップ画面にGoogleアカウントが追加されました。「PROTECTED(保護中)」と表示されています。スマートフォンでGoogleアカウントにログインした状態で、違うネットワークから同時にアカウントにログインするとどうなるか試してみます。


KDDIのWi-Fiスポットサービスau Wi-Fiの外部ネットワークを使って別の端末から監視対象のGoogleアカウントにログインすると、「PROTECTED」が「PAUSED」という表示に変わりました。


PAUSEDをタップしてアカウント状況を表示させるとこんな感じ。アクセスされた日時、IPアドレス、アクセスした場所、アクセスしたブラウザなどが表示されています。このように別の場所から同時にログインがあるなど、一定の条件を満たすとLogDogは不正アクセスの疑いを検出して通知してくれるので、不正アクセスがあってもすぐにパスワードを変更するなどの対策を打つことで被害の拡大を防ぐことができるというわけです。


なお、監視対象アカウントは複数登録可能です。トップ画面右上の「+」をタップ。


例えばDropboxを追加する場合は「Protect Dropbox」をタップして、先ほどと同じようにDropboxアカウントでログインすればOK。


こんな感じでDropboxが追加されました。なお、Dropboxは数日間の準備期間を経てから不正アクセスの通知がスタートするようです。


また、アカウントの監視を中止するにはアカウント状況の画面で「設定アイコン」をタップして……


「Remove from LogDog」をタップすればOKです。


LogDogは独自のアルゴリズムで不正アクセスを検出してアラートを出してくれるアプリで、今後、Twitter・LinkedIn・Instagramにも対応する予定。また、iOSアプリも現在開発中とのことです。

・関連記事
TwitterやFacebookのアカウントがハッキングされた際にとるべき対処法とハッキングされないための簡単な予防法 - GIGAZINE

LINE乗っ取り犯の大体の居場所をつきとめる「LINE乗っ取り犯追跡ツール」 - GIGAZINE

自分のMicrosoftアカウントが乗っ取られた形跡を確認する方法と対応策 - GIGAZINE

無料でGmailなどの2段階認証を誰でも簡単にオフラインで実行できるアプリ「Authy」 - GIGAZINE

バーガーキングのTwitterアカウントがハックされ「マクドナルドへ売られる」とツイート - GIGAZINE

iPhoneユーザーがよく使うパスワードトップ10公開、1位は「1234」、2位は「0000」 - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア, Posted by logv_to