セブンイレブンのミスドっぽいドーナツを先行販売店舗で買って食べてみた


日本ではドーナツ店といえば「ミスタードーナツ」が圧倒的シェアを占めていますが、その牙城を崩すべく、セブンイレブンが2015年からドーナツを販売することが噂されています。正式には発表されていないもののすでに一部店舗で先行販売が行われており、まさにそれが近所のお店だったので、買ってきて食べてみました。

セブン-イレブン~近くて便利~
http://www.sej.co.jp/

セブンイレブンに到着。


この店舗ではかなり先行して11月23日(日)からドーナツの販売を行っていたようです。


店内に入ってみると……


レジ横に6種類のドーナツを発見。肉まんを入れているケースとそっくりなので温めているのかと思いきや、そういうわけではありません。


せっかくなので全6種類が箱に入ったセット(税込610円)とコーヒー(税込100円)を購入。お店には大量にドーナツが置かれていました。


箱はかなりシンプルで、試験販売のせいかそこまでお金をかけていない雰囲気。


箱を開けると6個ドーナツが入っています。


ドーナツをお皿に移しかえてみました。


白バラ牛乳のホイップドーナツ(税込110円)」は、鳥取の白ばら牛乳を使ったクリームを使用しており、ミスタードーナツのエンゼルクリームっぽい見た目。


ドーナツの表面には細かい粉砂糖がかかっています。


切って食べてみると、ミスドに比べふわふわ感に欠けはするものの、クリームはミスドよりも甘さ控えめであっさりとしており、高級感がある印象。このドーナツが110円であれば質・量とも納得ができそうです。


コーヒーと一緒に食べることが前提であればもう少しドーナツが甘くてもよかった気はするものの、セブンイレブンのやや深煎りのコーヒーとの相性はなかなかのもの。


ミルクコーヒーオールドファッション(税込100円)」は、ちょっと珍しいコーヒー味のドーナツ。


コーティングの色はコーヒーにしてはやや薄めで、ミスドのオールドファッションより表面がゴツゴツした印象。


食べてみるとミスドのオールドファッションよりかなり堅く、サクサクした食感と言うよりはザクザクした食感で油の味が安っぽい雰囲気の上、内側もやや固め。このドーナツも甘さが控えめに仕上がっていますが、そのせいで油っぽさが目立つ作りになっていたのは残念なところで、コーヒーのコーティングはコーヒー味と言われないと気づかないほど薄い印象でした。ドーナツの油にまでこだわった専門店のミスドと比べるのは酷ですが、食感や油については改良の余地がありそうです。


チョコオールドファッション(税込100円)」は、ミスドのチョコファッションに似た作り。


チョコはテカテカしています。


甘さは控えめでチョコの味はしっかり感じられるものの、やはりミスドと比べると食感はもちろんのこと生地・油・味付けどの点も劣っている印象。ミスドのチョコファッションは税込151円なので、値段が3分の2ということを考えると妥当なラインなのかも……。


香ばしきなこと豆乳のドーナツ(税込100円)」は、ミスドには類似商品がない和を意識したドーナツ。他の5種類より一回り小さめです。


表面にたっぷりきなこがまぶされていますが、しめっています。


甘さが控えめできなこの味がしっかり楽しめる作りではあるものの、油がきなこにしみ込みすぎているのがやや気になるところ。コーヒーと一緒に食べるよりも、お茶と一緒に食べた方が良さそうです。


もちもちいちごリングドーナツ(税込100円)」は、ミスドのポン・デ・ストロベリーに似た作り。


表面のコーティングには細かいいちごの粒が確認できます。


いちごやチョコレートの味がチープですが、ある程度はポン・デ・リングっぽいモチモチの食感が楽しめます。いちごの香りがやや強いのでコーヒーとの相性は良くないかもしれません。ミスドのポン・デ・ストロベリーは税込140円なので、値段だけを比較するとかなりオトクかもしれません。


もっちリングドーナツ(税込100円)は、ミスドのハニーディップやクリスピー・クリーム・ドーナツのオリジナル・グレーズドに似た雰囲気。


表面はしっかり砂糖がまぶされています。


やはりこのドーナツもミスドやクリスピー・クリーム・ドーナツに比べると甘さが控えめで油っぽい印象。食感がドーナツというよりパンのような印象だったので、温めれば柔らかい食感が楽しめるかと思ったものの、温めても食感は変わらず。


編集部数人で食べたところミスタードーナツとどうしても比べてしまうので「やはりドーナツ専門店には勝てない」といった声や「全体的に油っぽいのに甘さが控えめでコーヒーとの相性が悪い」ど否定的な感想が寄せられましたが、価格に関しては「この味でほとんど100円で24時間買えるのてあれば嬉しい」といった声や「消費税や小麦高騰の影響で値段が上がっているのに100円という値段は驚き」という声が挙がりました。現在はあくまで一部店舗での試験販売なので、全国販売される時には意見がフィードバックされて、質が向上している可能性はありそう。

セブンイレブンのドーナツは11月25日現在公式ページでプレスリリースなどはでてはいないものの、一部報道などによると2015年から全国で展開が始まるようです。コーヒーと一緒に甘いものが食べたいという時にはいい一品かもしれません。

・関連記事
タイのセブン-イレブンは圧倒的存在感で食品からSIMカードまで品揃え豊富 - GIGAZINE

サクサクした食感の「クロワッサンドーナツ」3種類をミスドで食べてみました - GIGAZINE

48層の生地を折り込んだローソンのクロワッサンドーナツ2種類を食べてみた - GIGAZINE

ミスドのクリスマスドーナツはパーティーなどにもぴったりな一品 - GIGAZINE

エスプレッソの苦味が効きメリハリのある「ドーナツ アイス アフォガート」試食レビュー - GIGAZINE

174

in 試食, Posted by darkhorse_log