ネットサービス

Amazonの無人飛行機を使った配達サービス「Amazon Prime Air」が意外に早く開始される可能性


アメリカのAmazonが計画中である、無人飛行機(ドローン)を使って注文からわずか30分以内の配送を実現するサービス「Amazon Prime Air」で人材募集が始まり、いよいよフライトテストが開始され本格的なサービススタートが近づいてきました。

Amazon Jobs | Flight Operations Engineer - Prime Air
http://www.amazon.jobs/jobs/289867/flight-operations-engineer-prime-air

Amazon Jobs | Flight Safety Manager - Prime Air
http://www.amazon.jobs/jobs/286874/flight-safety-manager-prime-air

Amazon.jobs: Flight Operations Engineer - Prime Air
https://uk-amazon.icims.com/jobs/293875/flight-operations-engineer---prime-air/job

試作機が第8世代まで設計段階に至っていることが判明しているAmazon Prime Airが、どんなサービスなのかは下記の記事から確認可能です。

Amazonが無人飛行機で自宅前まで注文から30分でお届けしてくれる「Amazon Prime Air」がよくわかるまとめ - GIGAZINE


アメリカのAmazonが募集を開始したのはAmazon Prime Airの「Flight Operations Engineer」と「Flight Safety Manager」という業種です。Flight Operations Engineerの業務内容はUAS(Unmanned Air System:無人飛行システム)のフライト計画およびテストへの参加が主で、応募資格は「5年以上のフライトテスト+3年以上のフライトテスト補助の経験・航空宇宙工学部および関連学部の大学卒業者・高いコミュニケーションスキルを有した人」となっています。


Flight Operations Engineerと同時に募集されているFlight Safety Managerはフライトテストの安全管理・セーフティポリシーの確認など、Amazon Prime Airが計画中のフライトテストの安全性・専門性を確保するというもので、応募資格は「民間もしくは軍での有人/無人航空業務歴が5年以上あり、航空業務関連で安全管理者として働いたことが3年以上あること」です、

フライトテストの安全管理者や技術者の雇用は、無人飛行機の屋外テストが開始されることを示唆しており、テストに問題がなければ、いよいよ本格的なサービスが実施されることになりそうです。


また、イギリスのAmazonでもアメリカと同様にAmazon Prime AirでFlight Operations Engineerの募集が始まりました。アメリカではAmazonがドローン配達のテスト許可を航空局に申請していたことから、フライトテストの開始が間近に迫っていることが予想できましたが、イギリスで本格的なテストの開始が公になることはありませんでした。

アメリカやイギリスでテストが成功を収めれば、日本でもドローンによる配達のテストが開始される可能性もありますが、航空規制の問題もあるので、いつになるかは全く予想できない状況です。

・関連記事
Amazonが無人飛行機で自宅前まで注文から30分でお届けしてくれる「Amazon Prime Air」がよくわかるまとめ - GIGAZINE

最も「買い」なドローンはどのモデルか、5機種を比較するとこんな感じ - GIGAZINE

「Amazon Prime Air」のドローンは第6世代試作機の飛行テスト中、第8世代が設計段階 - GIGAZINE

手乗りドローン「Rolling Spider」を発売前に飛ばしまくってみましたレビュー - GIGAZINE

Amazonの無人飛行機を使った配送サービスの前に立ちふさがる航空規制とは - GIGAZINE

スマホでカメラの映像を見ながら操縦できるミニドローン「Jumping Sumo」を発売前に触りまくってみました - GIGAZINE

全自動で飛んで届けるドローンでオンラインDVDレンタルの配達をすると何が起きるのか? - GIGAZINE

in ネットサービス,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log