1970~90年代のレトロなアーケードゲームがブラウザでプレイし放題な「The Internet Arcade」


インターネット上に存在する過去の情報をアーカイブ化して保存・公開している非営利団体「インターネット・アーカイブ」が、ブラウザでプレイできる1970年代~1990年までのアーケードゲームを大量に公開しました。

The Internet Arcade : Free Software : Download & Streaming : Internet Archive
https://archive.org/details/internetarcade


プレイするにはゲーム一覧からどれか1つをクリック。今回は「Bio Attack」にしました。


するとゲームの詳細が書かれたページが開くので右側にある画像かその下の「Run」をクリック。


スペースバーを押すとゲームが読み込まれます。その後「5」でコイン投入、「1」か「2」でプレイヤー選択、「Ctrl」「Alt」「スペース」や「Z」「X」などのキーでゲームを操作できます。割当てはゲームによって異なる模様。なお、「Unmute」をクリックするとサウンドの有無を変更できますが、かなり割れたサウンドが多いので基本的に音ナシでプレイしています。


というわけで5キーでコインをガチャガチャと投入したら、1キーでゲームをスタート。


血管を通る飛行機のようなものを操縦して、迫り来る黒いウイルス的な何かを撃ち落とすシューティングゲーム。矢印キーで左右に移動、Ctrlキーでビームを打つことができます。


ぶつかったり、敵の放つ何かに当たるとゲームオーバー。操作性がすこぶる悪いため、難易度はかなり高め。


「The Internet Arcade」内のゲームはどれでも無料でプレイ可能です。「Devil Fish」はパックマンとしか思えない操作感で落ちている魚を集めて、追いかけてくる敵をワナにはめると食べられるようになるというゲーム。プレイしている様子は以下のムービーから見ることができます。(サウンドなし)

「Devil Fish」をブラウザでプレイするとこんな感じ - YouTube


さらにあの「ストリートファイター 2」も発見しました。一体どうやってプレイするのか試してみたところ、方向キーで移動、Ctrl、Altがパンチ、Z、Xがキックに対応していました。コマンド入力が難しすぎてフルボッコにされているところは以下のムービーから。(サウンドなし)

ブラウザで「スト2」をプレイしてみた - YouTube


なお、制作者のJason Scottさんによると、ゲームの数は現時点で900タイトル以上になっているので、時間がある時に昔懐かしいアーケードゲームをプレイしてみて下さい。

ちなみに、プレイできるゲームには「Anteater」「アルカノイド」「アルペンスキー」「ASO」「ドンキーコング ポリーンエディション」「ペーパーボーイ」「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」「スペースフューリー」「テラクレスタ」「Tron」「Vastar」「カミカゼ (レジャック)」「アストロブラスター」「シェリフ」「バンクパニック」「バーディーキング」「バイオニックコマンドー」「ブラックドラゴン」など、日本のセガやカプコンなどのゲームからAtariのゲームまであります。

・関連記事
無料で有料ゲーム「Super Hexagon」など8タイトルがブラウザ上からプレイ可能に - GIGAZINE

「コンボイの謎」の理不尽さを再現した無料ゲームアプリ「帰ってきたコンボイの謎」配信開始 - GIGAZINE

全ての情報へアクセス可能な「知の世界」を目指すインターネットアーカイブのドキュメンタリームービー - GIGAZINE

1996年から850億ものウェブサイトを保存している「Wayback Machine」 - GIGAZINE

インターネットアーカイブが情報だけでなく古いTシャツも募集中 - GIGAZINE

「インターネットアーカイブ」のスキャンセンターで火災が発生、データ損失はなし - GIGAZINE

インターネット上のあらゆる情報を記録・保存するインターネット・アーカイブは本当はどんな団体なのか? - GIGAZINE

in ネットサービス,   動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log