壁を傷つけずにホッチキスで本棚・収納ラック・テレビなどが壁に設置できる「壁美人」を使ってみました


壁に棚・シェルフ・テレビなどを設置するのは、壁を傷つけてしまう恐れがあるのと、大がかりな道具が必要になるのとで、実行が難しいと思われがち。しかし、どこにでもあるようなホチキスを使うだけで、重いものでも壁を傷つけずに簡単に設置できてしまうようにしたのが「壁美人」です。

壁美人.net ホッチキスで壁収納を実現する『壁美人』専門店
http://kabebijin.net/

壁面収納金具・壁面収納家具「壁美人」/TOPページ
http://kabebijin.jp/

これが「壁美人」。石膏ボード専用の固定金具で、用途に合わせていろいろ種類があるのですが、今回は1枚あたりの静止荷重が6kg用のものを購入しました。価格は2枚セットで税込940円。


中には金具2枚と専用針1個、フィルム4枚、取扱説明書が入っていました。


これがフィルム。金具の穴の上にフィルムを載せて、その上からホチキスで固定していくという仕組みです。


専用針が同梱されているのですが、ホチキス本体は自分で用意する必要があります。今回は100円ショップで購入。


推奨はMAX社製のHD-10Dですが、こんな感じで180度開くタイプであれば何でも使えます。


専用針と市販のホチキス針を比べてみたところ、専用針の方が太く頑丈そうに見えました。1個につき50本の針がセットになっています。


壁を傷つけてしまうため棚やテレビを壁に設置することは難しいわけですが、ホチキスを使った場合はどのくらいの跡が残るのか?ということで、まずは専用針を使ってホチキス跡を確かめてみます。


バチンとしっかりホチキスをとめて……


針を抜くとこんな感じ。このままでも、離れて見るとほとんど分かりません。


さらに修正液を使って修復してみます。


修正液で修復するとこんな感じです。目をよくこらさないとどこにホチキスを留めていたのか分からない状態。


壁に収納スペースが欲しい、ということで、今回はワインの空き箱を用意。ワインの空き箱は馴染みのレストランなどにもらうこともできますが、インターネット通販でも1つ1000円前後で購入できます。


フックなどがないものについては受金具も購入する必要があります。これは税込420円から。


壁美人は固定金具の種類と取りつけるものの大きさによって耐荷重が変わってきます。耐荷重より重いものを載せてしまって金具が重さに堪えられなくなる、ということがないように、設置前にチェックしておくのがベター。


ということで、まず、市販のネジを使って受金具を木箱に取りつけます。


受金具を2枚取りつける場合、中心から等間隔にしてどちらかに重さが偏らないようにしましょう。


受金具を木箱上部に取りつけると木箱の裏面にデコボコができてしまうので、木片などを使って木箱下側にスペーサーをつける必要があります。今回は段ボールを重ねて使用しました。


こんな感じ。


木箱側の準備は整ったので、次は木箱を取りつける以下のスペースに取りつけ金具を設置します。


取りつけ作業は金具の穴の部分にフィルムを載せ、ホチキスでバチンと留めるという簡単なもの。石膏ボードの場合、ほとんど力を入れなくてもホチキスの針を刺すことが可能でした。


ただ、やり方に少しコツが必要なので、失敗するとうまく針が刺さりきらないことになります。


ポイントは、例えば金具の右側にホチキスを置く場合なら、穴の左側の部分に針を刺すこと。こうすることで針が出る部分が壁にしっかり密着するので、軽い力でサクッと針を押し込むことができます。


金具2つを設置完了。


あとは木箱を取りつけるだけです。


取りつけ金具は木箱の前面から見えないようになっているので、スッキリした見た目。


真横から見ると、少し木箱の裏にスペースが空いていることがわかります。


実際に本棚として機能するのか?物を載せて落ちてしまったりしないのか?ということで、本をどんどん木箱に入れていってみます。


入れるだけ入れてみましたが、ビクともしません。


さらにLet's noteやらノートやらが入ったカバンや小物入れ、目覚まし時計などを載せてみましたが、全然平気でした。


ということで、力のない人でも簡単に作業を行え、壁を傷つけてしまうことなく、これまでは設置しにくかった棚などを設置できるので、「収納スペースが足りない」と思っている人にはかなり便利なアイテム。


今回は木箱に受金具を取りつけましたが、壁美人には専用のシェルフやボックスなどが販売されており、「リビングにマガジンラックを取りつけたい」「寝室にドレッサーを取りつけたい」「子ども部屋に本棚を取りつけたい」など、シチュエーションに合わせた選択が可能です。

壁美人.net ホッチキスで壁収納を実現する『壁美人』専門店
http://kabebijin.net/

例えば専用のシェルフを使えば、本当にホチキスで取りつけ金具を壁にバチンと固定するだけで作業が終わってしまうものもあります。

壁美人.net ホッチキスで壁収納を実現する『壁美人』専門店 / ホッチキスで壁掛け スモールシェルフ



また、テレビの壁掛け専用のパーツも販売されています。

壁美人.net ホッチキスで壁収納を実現する『壁美人』専門店 / ホッチキスで壁掛けテレビ TVセッター壁美人Sサイズ



さらにギター専用のハンガーなどもありました。

壁美人.net ホッチキスで壁収納を実現する『壁美人』専門店 / 壁美人GUITAR HERO(ギターヒーロー)


・関連記事
インスピレーションが刺激されるユニークなデザインの本棚いろいろ - GIGAZINE

本棚をペラペラの平面にして中身はスマホなどで読めるようにする壁紙「Biblioteca Digitală Tapet」 - GIGAZINE

どことなく物語を感じさせるユニークなデザインのブックスタンドいろいろ - GIGAZINE

片手で持ち運べて野外でも使えるどこでもソファ「ワンハンドキャリーソファ」を使ってみた - GIGAZINE

クッションのような見た目でインテリアとしても活躍できるワイヤレススピーカー「Libratone LOOP」 - GIGAZINE

443

in レビュー,  デザイン, Posted by logq_fa