ハードウェア

10倍速でマルチカラーの立体物が作れる3Dプリンター技術「Multi Jet Fusion」をHPがリリース


ヒューレット・パッカード(HP)が既存の3Dプリンターの10倍のスピードで多色刷りの立体物が作れる3Dプリンター技術「Multi Jet Fusion」を発表しました。HPの独自技術でこれまでにない正確性でモノを出力可能となっており、かつ低コストでの物作りが行えます。

HP 3D printing with Multi Jet Fusion™ technology | HP® Official Site
http://www8.hp.com/us/en/commercial-printers/floater/3Dprinting.htm

これがHPが新たに発売する3Dプリンター。名称はまだ不明。


HPが新たに発売する3Dプリンターは、速さ・クオリティ・カラーのどれを取っても既存の3Dプリンターを大きく上回る品質。スピードは既存の製品の約10倍で、精密なパーツも作成可能。10倍速なので、その分省エネでコストも抑えられます。


また、これまでの3Dプリンターは1度に素材を1つしか使えませんでしたが、複数の素材を同時に使えるので、多色刷りもできるようになっています。


現在の3Dプリンターは製品のプロトタイプを作るのに使われていますが、製品そのものを作れるようにしていきたい、ということで、細かな部分まで作り込めるクオリティの高さが特徴。


実際に出力した作品をコンピューターに取り込んで、モニターでモデルを動かしています。


これが実際に3Dプリンターを動かしているところ。


最も目立つ特徴は、これまで単色でしか作れなかった立体物を、多色刷りで作れるようになったこと。そのため、「複数のパーツを出力して手で組み立てる」ことなく、こんな感じのカラフルな立体物が一度で作れてしまいます。


なお、3Dプリンターの価格は未定で、2016年に業務用として導入される予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2万円台の3Dプリンター「MOD-t」は自作した製品をオンラインストアで販売も可能に - GIGAZINE

約4万5000円でゲットできる安価な3Dプリンター「RoBo3D」 - GIGAZINE

約3万円で直感的かつシームレスにモデリングや出力が可能な3Dプリンター「The Micro」 - GIGAZINE

3Dプリンターで出力したミリメシをアメリカ陸軍が導入に向けて開発中 - GIGAZINE

3Dプリンターで作られたあまりにも芸術的な砂糖菓子いろいろ - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.