×
ムービー

2分で缶ビールやジュースをキンキンに冷やす超絶簡単な方法

By Tom Roeleveld

帰宅して冷えた缶ビールやジュースを飲もうと冷蔵庫を開けると、冷やしておくのを忘れていたことに気づき、急きょ冷凍庫で冷やしたり氷を入れたりして缶ビールやジュースを飲むというのはよくあることです。通常、室温の缶ビールを冷たくするのには時間がかかりますが、水と氷と塩を使うだけで缶ビールやジュースを2分できんきんに冷やす方法がYouTubeで公開されています。

How to Cool a Drink in 2 Minutes - YouTube


ムービーで使用されるのは缶のレモネード。


まずは、冷やしていないレモネードの温度を測定。


冷やしていないレモネードは24℃でした。おいしく飲める温度ではありません。


室温の缶ジュースをキンキンに冷やすには、まずボウルに水を入れます。


次は、ボールに氷をトレイ2杯分を投入。


最後は塩をスプーン2杯分入れて……


よくかき混ぜます。塩を入れて水の融点を下げ、水温を0℃以下にキープ。


その中にレモネードを入れて……


またかき混ぜます。かき混ぜると、レモネードの熱で温まった氷が分散され、冷たい氷の温度が早くレモネードに伝わるというわけ。


2分後に取り出し……


温度を測定するとレモネードの温度は5℃まで下がっていました。


この方法は缶ビールにも使えるので、ビールを冷やし忘れていても、2分あれば冷えたビールを楽しめるのです。


かなり荒技になりますが、1分で缶ビールを冷やす方法も公開されていて、下記のムービーから確認可能です。

Cold Beer In Just 60 Seconds - YouTube


1分で缶ビールを冷やすには、魔法瓶・電気ドリル・ボルト・ゴムバンド・氷が必要。先の方法とは違って手間がかかりそうです。


まず、魔法瓶のフタにドリルで穴を開けます。


電気ドリルのボルトを穴に差し込みしっかりと締めて……


電気ドリルに装着。


今度は缶ビールにゴムバンドをはめ込み……


氷に突っ込んで、電気ドリルに取り付けた魔法瓶のフタをかぶせて高速で1分間回転させます。氷の中で回転させて熱伝導率を上げ、氷の冷たさが早く伝わるというわけ。


1分後に取り出すと、温度は摂氏7℃に下がっていました。


1分で缶ビールをキンキンに冷やせましたが、かなり手間がかかるので、水と氷と塩で2分かけて冷やすほうが効率がよさそうです。

・関連記事
冷やした石で飲み物の温度を最適化する「Rox」でコーヒー・ビール・ウイスキーを飲んでみた - GIGAZINE

人類史上最強のビール「戦術核ペンギン」がイギリスで発売 - GIGAZINE

わずか30秒で缶飲料を熱々にできる「IH缶ウォーマー」 - GIGAZINE

ハリー・ポッターの魔法世界で門外不出のバタービールを堪能できるエリアがUSJに登場 - GIGAZINE

ビール好きの男性に残念なお知らせです - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by darkhorse_log