レビュー

格安スマホ「BIGLOBEスマホ」の新端末「LG G2 mini」を使い倒してみました


格安スマホブームの先駆けともいえるMVNOを使ったモバイル通信サービス「ほぼスマホ」を提供していたBIGLOBEが、2014年7月からあらためて携帯電話番号による音声通話に対応したスマートフォンサービス「BIGLOBEスマホ」としてサービスを一新しました。そのBIGLOBEスマホの端末「うれスマ(電話番号つき)」の第2弾で本日2014年9月1日に発売の「LG G2 mini for BIGLOBE」を借りることができたのでさっそく使ってみました。

うれスマ(電話番号つき):使いやすさ重視のグローバルモデル LG G2 mini
http://mobile.biglobe.ne.jp/spec.html#link_lg

BIGLOBEスマホ:TOP
http://mobile.biglobe.ne.jp/

外観チェック
とてもコンパクトな箱に入った「LG G2 mini for BIGLOBE」。カラーはブラック・ホワイトの2色展開。


箱の中にはG2 mini本体・USBケーブル・充電アダプター・クイックスタートガイド・イヤホンが入っていました。


これはブラックカラーのG2 mini。LG製のNexus 5やドコモ・G2 L-01Fやau・isai LGL22などと同様に、ベゼルが狭く丸みを帯びたデザインです。ディスプレイは4.7インチ(960×540)のIPS液晶。


G2 miniは上下のベゼルまで非常に狭いデザインなので、4.7インチディスプレイなのに驚くほどコンパクト。さらに非常に軽く、適度な厚みに丸みを帯びたフォルムのおかげで手のひらへのフィット感は最新スマートフォンの中でも屈指のレベルと言えます。


G2 miniのサイズは、縦129.6mm×横66mm。Nexus 5(右)と比べてもディスプレイの大きさはわずかに小さいだけ。


しかしG2 mini(左)の方が上下の長さがかなり短いことが分かります。


薄さはG2 mini(左)が9.8mmとNexus 5よりやや厚め。


前面上部にスピーカーと130万画素カメラ。


下部にはLGのロゴ。G2 miniはメモリが1GBでストレージが8GB、バッテリー容量は2370mAhでBluetooth 4.0に対応しています。


天面には左からイヤホンジャック、マイク、赤外線センサー。


左右にボタンなどは一切なく、底面には左右にスピーカー、中央にMicro-USBポート。


裏面はサイドが丸みを帯びたデザイン。


上部にフラッシュ付の800万画素リアカメラと、ボリューム・電源の背面ボタン。この位置にある背面ボタンは思いの外に便利なので、これがスマートフォン選びの決め手という人もいるはず。


下部のLGロゴはメタル仕上げ。マットカラーの背面カバーは布地のような仕上げで質感は非常に高いと言えます。


また、BIGLOBEからは手帳タイプのLG純正ケース「LG G2 mini for BIGLOBE専用カバー(CCF-370)」が販売されています。


フロント上部には大きな「Quick Window」


CCF-370のQuick Windowの機能は以下のムービーを見ればよく分かります。

LG G2 miniの純正ケース「CCF-370」のQuick Windowギミック - YouTube


CCF-370の背面は、G2 miniの背面カバーとまったく同じ素材です。


G2 miniを取り付けるとこんな感じ。


純正ケースだけあってフィット感は文句なしで、イメージを崩すこともなし。


なお、LG G2 mini for BIGLOBE専用カバーはブラック・シルバー・ピンクの3色あり、価格はいずれも2980円(税別)となっています。


使ってみた
・操作感
LG G2 mini for BIGLOBEはAndroid 4.4.2(KitKat)を採用しており、きびきび動作するので操作で詰まることはまったくなく、かなり快適な操作性を実現していると言えます。

BIGLOBEスマホのLG G2 miniはサクサク動作 - YouTube


ただし、G2 miniはSoCがSnapdragon 400(1.2GHzクアッドコア)というミドルレンジモデルなので、ハイエンド機に比べると画像表示でもたつく場面もあり。

BIGLOBEスマホのLG G2 miniでGIGAZINEをブラウジング - YouTube


オートコネクト
LG G2 mini for BIGLOBEが他社製の格安スマホやMVNOサービスの端末に比べて圧倒的に優れているところは、豊富な専用アプリの存在にあります。

ホーム画面の「オートコネクト」をタップ。


すると、現在使用中の回線状況やデータ通信量が分かりやすく表示されます。BIGLOBEスマホを含めた格安スマホに限らず全てのスマートフォンのモバイルデータ通信ではデータ制限が設定されており通信量をオーバーすると速度制限が課されるので、今、どれくらいのデータ通信をしていてあとどれくらいで通信速度が制限されるのかを把握できることはとても重要で、オートコネクトのようなアプリは非常に重宝するというわけです。


通信速度が制限されるとこんな感じでアラートが表示されます。なお、BIGLOBEスマホの通信速度は、契約プランによってLTEの高速回線が使える容量が決まっておりそれを超えると200kbpsに制限されます。他社の格安スマホやMVNOサービスでは制限速度は128kbpsが多いため、BIGLOBEスマホの200kbpsには優位性あり。なお、音声スタートプランの場合、直近72時間の通信量が120MBを超えると「通信速度を制限しています」と表示されました。1GBの高速通信が利用できるエントリープランでは直近72時間の通信量が360MBを超えると通信速度が制限される場合があるので、Wi-Fiをうまく活用するなどの工夫が大切です。


また、通信量は月ごとにグラフで表示できるため、自分が一体どれくらい通信するのかが把握できるようになり、自分に合った最適な通信プランを選ぶことができるというわけです。とはいえBIGLOBEスマホはドコモの高速回線を利用でき快適なモバイル通信ができるがゆえに、ついつい通信量をオーバーしてしまうということがあり得ます。そんなときには「チャージ」をタップ。


BIGLOBEスマホには容量オーバーで通信速度が制限された場合に100MBあたり300円(税別)で制限を解除してLTEの高速通信が可能な通信量を増やすサービス「ボリュームチャージ」があり、オートコネクトから簡単に申し込みができるようになっています。


・BIGLOBEでんわ
さらにLG G2 mini for BIGLOBEには電話番号がそのままで国内どこへかけても音声通話が半額になるアプリ「BIGLOBEでんわ」もあり。


BIGLOBEでんわは標準の国内通話用20円(税別)/30秒が10円(不課税)/30秒と半額になるというお得なアプリです。電話帳の登録内容もすべて反映され、使い勝手はG2 mini標準の通話アプリとまったく同じで、さらに、110や119などの3桁特番や0120・0800などのフリーダイヤルへは自動的に標準通話に切り替えて発信してくれるので、通話料が半額になるアプリBIGLOBEスマホは音声通話する場合には必須のアプリと言えそうです。


・音楽アプリウィジェット
LG G2 mini for BIGLOBEには音楽プレイヤーアプリがウィジェットでプリインストールされています。ホーム画面から音楽へ直接アクセスできる便利さは一度使うとやみつきになりそう。


・マカフィー・モバイルセキュリティfor BIGLOBE
また、LG G2 mini for BIGLOBEにはセキュリティ対策ソフト「マカフィー・モバイルセキュリティfor BIGLOBE」をダウンロードして利用可能。


マカフィー・モバイルセキュリティfor BIGLOBEはマカフィー・モバイルセキュリティのプレミアム版(1年3065円税込)と機能はまったく同じで、1年間無料で利用できます。


・各種サポートアプリ
BIGLOBEスマホのアプリで特筆モノなのが各種サポートアプリです。例えば、「セキュリティ」をタップ。


するとマカフィー・モバイルセキュリティfor BIGLOBEについての詳細な情報が表示されます。各種サポートアプリはプリインストールされているアプリやスマートフォンの操作に関する情報を詳しく知りたいときに非常に便利です。


まとめ
「LG G2 mini for BIGLOBE」は、サクサク快適に動作するスマートフォンで質感も高く、値段は格安ですが非常によくできた端末です。また、BIGLOBEスマホは090・080で始まる電話番号つきのスマートフォンで、音声通話機能もドコモなどの大手キャリアと変わることなく利用でき、データ通信もドコモの高品質のLTE高速通信が利用できるのも同じで、「格安スマホ」だからといって使い勝手で見劣りする部分はまったくなし。またMNPによる番号そのままでの乗換えも可能なため「通信量が7GBも要らないからスマートフォンの月額利用料を引き下げたい」「カケホーダイなんて要らない」という人には検討の価値ありのサービスです。

BIGLOBEスマホのうれスマ(電話番号つき)LG G2 miniは、最大150Mbpsの高速通信が1GBついたエントリープランが端末代金込みで月額3180円(税別)、高速通信2GBのライトSプランが3785円(税別)、高速通信3GBのライトMプランが5118円(税別)、高速通信7GBのスタンダードプランが6070円(税別)となっており、2014年11月3日まではBIGLOBEの公式WEBから購入すれば月額利用料が200円引きとなる特典つきです。ただし、12カ月以内の音声通話サービス解約には解除料8000円とアシストパック加算分契約解除料の支払いが必要です。

うれスマ(電話番号つき):購入方法
http://mobile.biglobe.ne.jp/purchase.html

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
月額2980円でスマホ本体+ドコモLTE・3G+テザリングできる「ほぼスマホ」 - GIGAZINE

NECが傘下のISP「NECビッグローブ」を売却へ - GIGAZINE

月額2960円で防水スマホ+ドコモ回線、しかもテザリングOKの新サービス「MEDIAS for BIGLOBE」を使ってみました - GIGAZINE

BIGLOBEのAndroid搭載タブレット「Smartia」用端末NEC「Life Touch」フォトレビュー - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.