Appleが9月10日未明に新製品イベントを開催、現地には謎の建物が


これまでの予想どおり、Appleがアメリカ現地時間の9月9日(日本時間9月10日早朝)にイベントを開催することが明らかになりました。当日は発売間近とされる新型iPhoneや、Apple初のウェアラブルデバイスとなるiWatchなどの発表が予想されています。

Apple sends out invites for September 9 event, iWatch and iPhones expected - Neowin
http://www.neowin.net/news/apple-sends-out-invites-for-september-9-event-iwatch-and-iphones-expected

イベントはカリフォルニア州クパチーノにあるThe Flint Center for the Performing Artsて開催されることになっており、これは30年前に故スティーブ・ジョブズ氏が最初のMacを発表した場所でもあります。一部のプレスに送られた招待状には、当日には何か大きな発表があることをほのめかすように「Wish we could say more. (もっと話せたらいいんですけど)」という謎めいた一言が添えられています。


当日は、2種類の開発が伝えられているiPhoneのうち少なくとも4.7インチディスプレイを搭載した新型「iPhone 6」となる機種が発表されると考えられており、もう一方の5.5インチ版「iPhone 6L」と予想される機種の発表があるかが気になるところ。さらに、Apple初のウェアラブルデバイスであるiWatchの詳細が発表されるとも予想され、一足先にGoogle陣営が発売している「Samsung Gear Live」や「LG G Watch」に対してどのような製品になるのかに関心が集まりそうです。

予想されている新型iPhoneのスペックは、4.7インチと5.5インチの2モデルが存在し、前面パネルには従来のゴリラガラスにかわってサファイアガラスが採用されて耐久性がアップ。プロセッサには新型のA8プロセッサが搭載され、バッテリー容量が1810mAhへとやや増加し、Wi-Fiが最新の「802.11ac」に対応するという噂も流れています。さらに、WIREDはこれまで搭載が見送られ続けてきたNFCの搭載が確実と報じています。

Our Sources Say the Next iPhone Will Include NFC Mobile Payments | Gadget Lab | WIRED
http://www.wired.com/2014/08/iphone-6-to-use-nfc/


会場となるThe Flint Centerでは、謎の巨大な建造物が建設されている光景が写真に収められています。まるで野外コンサートのステージのようにも見える建物はビル3階分程度の高さがあり、周囲には警備員が配置されて内部の様子をうかがい知ることはできないとのこと。警備員に話を聞こうとしても「クライアントの意向で何も話せない」という回答が返ってきたとのこと。

Apple Building Massive Structure at Flint Center for iPhone 6 Event - MacRumors Forums
http://forums.macrumors.com/showthread.php?t=1769450


毎年のように9月が近づくとAppleの戦略にのせられるように期待が高まってしまうわけですが、全ては9月9日に明らかにされることになりそうです。

・関連記事
ついにAppleが4.7インチの「iPhone 6」と5.5インチの「iPhone 6 Plus」を発表 - GIGAZINE

発売間近のiPhone 6とみられるモデルのサイズがよく分かる比較写真が流出 - GIGAZINE

Appleが9月9日のイベントで新型iPhoneを発表か、これまでの噂まとめ - GIGAZINE

Android Wear搭載スマートウォッチ「LG G Watch」を1週間使ってわかったこととは? - GIGAZINE

2014年9月リリースのiOS 8につながるこれまでの歴史をまとめたムービー - GIGAZINE

サムスンがついにAppleの次期「iPhone 6」のCPU製造から外される可能性大に - GIGAZINE

71

in ハードウェア,  メモ, Posted by logx_tm