×
レビュー

無料で手持ちのスマホがそのまま多機能カーナビに、渋滞情報や駐車場の空車情報もリアルタイムで分かる「Yahoo!カーナビ」


2014年7月31日、ヤフージャパンはスマートフォンにインストールするだけでさまざまな機能を満載したカーナビとして利用できるアプリ「Yahoo!カーナビ」をリリースしました。従来の本格的なナビ機能を備えたアプリは有料サービスとなっているものが多い中で、Yahoo!カーナビは無料でVICSによる渋滞や交通規制情報にも対応するほか、さまざまな本格的なナビゲーション機能を搭載するものとなっています。

Yahoo!カーナビアプリ iPhone版/Android版(無料) - Yahoo!カーナビ
http://promo.carnavi.yahoo.co.jp/

Yahoo!カーナビアプリはiPhone版Android版の2種類がリリースされています。iPhone版は「無料」をタップしてから「"Y!カーナビ"は現在の位置情報を利用します。よろしいですか?」という質問に対して「OK」をタップ、さらに利用規約に同意します。


Android版も「インストール」を押してから利用規約の「同意する」をタップ。


アプリを7インチディスプレイのNexus 7で表示させてみたのがこちらの画像。Android版は横画面表示に対応しているため、従来のカーナビにも似た使い勝手となっています。


一方のiPhone 5sは、記事作成時点では横画面は未対応となっていましたが、今後のバージョンアップで対応予定とのこと。iPad版リリースと併せて期待したいところです。


◆通常のカーナビとしての使い方
カーナビとして使うには、メイン画面上部の入力窓をタップし、目的地の名称などを入力します。知名度の高いものだと、候補リストが表示されるので便利。


目的地がマップ上に表示されるので、間違いなければ画面右下の「ここへ行く」をタップ。


従来のカーナビと同じように目的地へのルートが表示されました。ルートの詳細によって、「おすすめ」「高速優先」「一般優先」の3種類のルートを参照することができるので、いずれかを選んで「ナビ開始」をタップすると目的地へのナビゲーションがスタートする、という至って普通に使えるナビアプリとなっています。


なお、「Yahoo!カーナビ」は他のカーナビアプリだと有料版サービスに限定されていたVICSによる渋滞や交通規制情報を搭載しており、Yahoo! JAPAN IDでログインすれば無料で利用することができるようになっています。


また、記事作成時点でのバージョンでは経由地の登録に対応していなかったり、スタート地点が現在の位置に限定されているなどの制約が見受けられますが、これは今後のバージョンアップで順次追加されていくということなので、これからの進化に期待したいところです。

そのほかにもYahoo!カーナビには、マップアプリにはない、カーナビならではの以下のような便利な機能が搭載されています。

◆周囲の価格相場も把握できるガソリンスタンド検索
希望のエリア周辺のガソリンスタンドを検索してブランド名で絞り込むことが可能なほか、主なスタンドのガソリン価格をリストで把握することが可能です。「ジャンル検索」から「ガソリンスタンド」をタップし、希望のブランドを選ぶか「このジャンルすべてで探す」をタップ。


すると、希望のエリアの周囲にあるガソリンスタンドが画面上に表示されました。さらに「リスト」をタップすると……


営業時間やサービス形式、ガソリン価格などの詳細情報を確認できるようになっています。このあたりはさすがにカーナビ専門アプリといったところ。


◆駐車場のリアルタイム満車・空車情報
全国2万4000か所以上のコインパーキング等の満車情報や利用料金を画面上で表示させることができるのもYahoo!カーナビのメリットの一つとなっています。


駐車場をリストで表示させることも可能になっているほか、リパークやタイムズといったチェーン店は利用状況を5~10分ごとに更新される情報で確認することもできるようになっています。


◆全国3万1000か所のJAF優待施設をカーナビアプリでは初めて検索可能
意外とおトクな情報が見つかることもあるJAF会員向けの優待施設をアプリ上で検索することが可能です。ジャンル検索から「JAF会員優待」をタップ。


さまざまなジャンルの中から希望のものを選び、絞り込んで行くことができます。


エリア近郊の施設がマップ上に表示され、さらにタップすると詳細情報が表示されるようになっていました。


◆画面の昼夜モード自動切り替え機能
また、地図の昼・夜モードが現在位置の日の出・日の入り時刻に合わせて自動で切り替わる機能も備わっていました。


◆各種ランドマークの3D表示
各地の有名なスタジアム・ドームや、ビルなど施設が3Dデータ化されており、画面上でぐりぐりと表示させることが可能です。大阪の「京セラドーム大阪」や……


東京の新名所「虎ノ門ヒルズ」もさっそく3Dデータ化されていました。


このように、Yahoo!カーナビアプリはさまざまな機能を搭載しており、無料とは思えないほど多機能なアプリとなっていました。今後もユーザーの声をもとにバージョンアップを重ねていくということなので、運転することが多い人はとりあえずインストールしておくとよさそうです。

・関連記事
車載用「Android Auto」のデモ実演がGoogle I/O 2014の会場でお披露目 - GIGAZINE

市販間近レベルのスマホと連携する次世代カーナビ「Autonet intelligent in-vehicle System」 - GIGAZINE

Appleが自動車向け新機能「CarPlay」を正式発表 - GIGAZINE

Appleの「CarPlay」をボルボで実際に操作しまくるムービーいろいろまとめ - GIGAZINE

CarPlay対応カーナビをパイオニアが発表、夏のファームウェア更新で対応される予定 - GIGAZINE

あらゆる自動車のインパネ周りの写真を集めまくったサイト「car-ux」 - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア,   ネットサービス,   乗り物, Posted by logx_tm