後天的な「恐怖体験」が、実は子孫に遺伝していくことが判明

By Maestro Pastelero

肉体的・精神的に強いショックを受けたことで、長い間、心の傷となってしまう心的外傷(トラウマ)は、PTSDなどの症状を引き起こすおそれのあるものとして知られています。トラウマは後天的な経験によって発生するもののような感じがしますが、親から遺伝という形で先天的に受け継がれる可能性があることが明らかになりました。

Intergenerational transmission of emotional trauma through amygdala-dependent mother-to-infant transfer of specific fear
http://www.pnas.org/content/early/2014/07/23/1316740111

Fears can be inherited through smell | The Verge
http://www.theverge.com/2014/7/28/5944797/fears-can-be-inherited-through-smell

ミシガン大学のヤツェク・デビエッチ博士は、マウスを使って「恐怖体験やトラウマが子世代に遺伝すること」を全米科学アカデミーで発表しました。

デビエッチ博士はメスのマウスに軽い電気ショックを繰り返し与え、そのときにペパーミントの香りをかがせることで、電気ショックという恐怖体験とペパーミントの香りという条件を結びつけることで、ペパーミントの香りを嗅いだだけですくみなど恐怖反応を起こすようになるよう恐怖条件付けを行いました。

その後、ペパーミントの香りを恐れるようになったメスのマウスを、ペパーミントの香りに恐怖条件付けされていないオスのマウスとつがいにさせ、生まれてきた子マウスを母マウスと一緒にした状態でペパーミントの香りを嗅がせたところ、母マウスだけでなく子マウスも恐怖反応を示しました。

By Eddy Van 3000

なお、子どものマウスは人間の赤ちゃんに比べてはるかに未熟な状態で生まれ、目が見えず耳も聞こえないため、生まれた後に恐怖体験を教えられる可能性は低いとのこと。しかし、ペパーミントの香りに恐怖反応を示した母マウスが、その時点で子マウスに「恐怖」を何らかの方法で伝達した可能性はゼロとは言い切れません。

そこで、恐怖体験が後天的に伝達された可能性を完全に排除するために、生まれてきたマウスを母マウスと完全に分離した状態でペパーミントの香りを嗅がせたところ、母マウスがいない状態でも子マウスは恐怖反応を示すことが分かりました。

さらに、恐怖条件付けのされた母マウスの卵子と恐怖条件付けのされていない代理母マウスを使って実験したところ、やはり生まれてきた子マウスは、ペパーミントの香りを嗅がされると恐怖反応を示しました。

By ZEISS Microscopy

以上の通り、恐怖体験が遺伝的に承継されることが確実となったところで、デビエッチ博士の研究チームがマウスの脳を調査。すると、ストレスホルモンであるコルチコステロンが増大し扁桃体が活性化することが確認されたとのこと。

デビエッチ博士は「恐怖体験に関する情報を子世代に遺伝的に承継させることは、外界の危険に関する情報を生まれながらにして取得できるという点で生態学的に重要な仕組みだと考えます」と述べましたが、「人間に関しても恐怖体験が遺伝的に承継されるのか?」については、実験を行うことに倫理的な問題があるため、マウスと同じ形で調べることは現実的ではないとしています。

・関連記事
親が受けたストレスの影響が子供に遺伝するメカニズムが解明される - GIGAZINE

幸福や不幸は遺伝するのか?受精前の両親の心理状態が子どもの遺伝子に影響する可能性 - GIGAZINE

政治思想は遺伝するのか?「リベラル遺伝子」が発見される - GIGAZINE

子どもを怒鳴りつけて叱ることは素行不良やうつ病を引き起こす原因になる - GIGAZINE

「他人の不幸は蜜の味」であることが脳科学的に証明される - GIGAZINE

運動嫌いの怠け者になってしまうのは、遺伝的に仕方のないこと? - GIGAZINE

194

in サイエンス,  生き物, Posted by logv_to