取材

ついに「東京都庁第一本庁舎」と「東京タワー」が擬人化されてかわいい姿に変身


2014年7月27日に開催されたワンダーフェスティバル2014[夏]には、アニメのキャラクターだけでなく、STAP細胞PlayStation 2などもフィギュア化されて登場しましたが、他にもアニメのキャラクターではないものをフィギュア化したり、擬人化したりするブースが多く見受けられました。その中の1つである一般ブース4-03-15「超高層ビルを愛でる会造形部」は、「東京都庁第一本庁舎」と「東京タワー」を擬人化したフィギュアを展示していました。

こちらが擬人化された東京都庁第一本庁舎。


東京都庁第一本庁舎は腕を組んで仁王立ち。


髪の毛がビルを突き破っています。


髪の毛だけで2棟のビルを支えるのは相当。


東京都庁第一本庁舎はかわいい女の子です。


何かが発射されそうな雰囲気。


東京タワーは東京都庁第一本庁舎と少し違ってセクシー。


髪の毛は東京タワーの色になっています。


頭に生えているかのような東京タワーの先端が帽子にあっていてとてもキュート。


片足立ち。


横から見るとこんな感じ。


「東京都庁第一本庁舎」および「東京タワー」の原型はさとちーさんによって作られ、それぞれ5000円で販売されていました。

・関連記事
IEを擬人化した公式美少女キャラ「藍澤 祈」誕生秘話 - GIGAZINE

ブラウザ「Opera」を擬人化した「おぺらたん」フィギュア - GIGAZINE

Wikipediaの非公式萌え擬人化キャラクター「ウィキペたん」 - GIGAZINE

擬人化したオールドレンズで各種レンズの個性や魅力を分かりやすく解説した「オールドレンズ擬人化少女」 - GIGAZINE

クラウドサービスを擬人化したクラウディアさんが開発者と管理者を助けてくれる愛と技術の巨編マンガ「クラウドガール」 - GIGAZINE

in 取材, Posted by darkhorse_log