Googleが広告ネットワークからアダルト関係を締め出しへ

By Helga Weber

検索エンジンのGoogleが提供するクリック課金広告サービス「Google AdWords」が、Googleのネットワーク上で特定種類の性的コンテンツを宣伝することを禁止しました。

露骨な性的表現を含むコンテンツ - AdWords 広告掲載のポリシー ヘルプ
https://support.google.com/adwordspolicy/answer/176004


Google bans porn from its ad network
http://www.cnbc.com/id/101807108


今回のポリシー変更で禁止されたのは以下の3つの項目。

・性的描写を載せた宣伝をすること
・児童の性的虐待など、未成年の性的行為や強制的な性的行為をテーマとするコンテンツを宣伝すること
・報酬の見返りとしての性的行為と見なされる恐れのあるサービスを宣伝すること


これらの禁止事項は、コンテンツや広告の表現が法的規制に準拠しているかどうかに関わらず適用されることとなり、各項目に当てはまるものは今後Googleネットワーク上では一切表示されなくなります。

上記の項目が実際にどのような広告に合致することとなるのかは少し曖昧ですが、Googleはどのような商品・サービスの広告が許可されたり許可されなかったりするのか、事例を挙げてくれています。

◆許可されない

露骨な性的表現を含むコンテンツ:性器、肛門、口腔を使用した性的行為、ハードコアポルノ、マスターベーションなどの性的刺激を目的とした性的描写の宣伝
未成年者をテーマにした性的コンテンツ:未成年者をテーマにした性的コンテンツの宣伝
強制的な内容や違法な内容の性的コンテンツ:強制的または違法な性的行為のコンテンツの宣伝
エスコート サービス:エスコートやエスコート サービスの宣伝
売春:売春やコールガールの宣伝
性的なマッサージ サービス:タントラ マッサージなどの性感マッサージの宣伝(肉体的な描写や性的内容を示唆するマッサージ行為やマッサージする人の画像を掲載しているマッサージ サイトは「性的なマッサージ」と見なされます)
各種コンパニオン サービス:各種コンパニオン サービスの宣伝

◆許可される

在宅や訪問の援助者:医療支援者、老人介護者など、在宅や訪問の援助者の宣伝
性的なものではないマッサージ サービス:性的なものではないマッサージ サービスの宣伝
ストリップ クラブやラップダンス:ストリップ クラブやラップダンスの宣伝は許可されます。ただし、これらの広告はサービスの宣伝方法よっては、「成人向け」または「アダルト」に分類されるので、詳しくは 広告ステータスに関するポリシーを参照
アダルト向け、性的な出会い系サイト:アダルト向けの性的な出会い系サイトの宣伝は許可されます。ただし、これらの広告はサービスの宣伝方法よっては、「成人向け」または「アダルト」に分類されるので、詳しくは広告ステータスに関するポリシーを参照

2014年6月の初め頃、新しいポリシーに違反する見込みのある広告を配信している企業へは通知が送られており、「近々ハードな性的コンテンツは配信停止されることになる」とGoogleは通達していた模様です。

By marsmettnn tallahassee

4月にCHASE Bankがアダルト業界で働く何百人もの人々の口座を閉鎖したり、5月にAmazonが購入予定リストに入ったアダルトビデオなどを削除したり、PayPalがポルノスターのアカウントを凍結させたりと、多くの企業がアダルト業界とのつながりを減らす動きを進めていますが、ポルノ関連のキーワード検索はGoogle上で最も多く実行されているものであり、5月に「sex」「porn」「free porn」「porno」などの短いポルノ関連キーワードが検索された回数は実に3億5100万回にも上ったとのことです。

・関連記事
Google AdSenseの始め方 その1「審査を突破する」 - GIGAZINE

ついに「Google Adsense ブラックリスト日本版 Beta」が登場 - GIGAZINE

広告を消してくれるブラウザ拡張機能「Adblock Plus」の秘密 - GIGAZINE

マイクロビデオアプリのVineやInstagramで横行するマイクロポルノとは? - GIGAZINE

日本のポルノ消費量は世界第3位、ものすごい規模で成長するオンラインポルノ業界をグラフで見る - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logu_ii