ミクさんと自由におしゃべりしたりおさわりしたりできる「うちみく!ウチのミクさんが話を聞いてくれるようです」


3Dモデルのミクさんとテキスト入力でおしゃべりしたり、マイク入力で声でおしゃべりしたり、没入型ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」に対応していたり、手と指の動きを感知して奥行きまで含めた立体的な操作ができる「Leap Motion」を使ってミクさんの髪をなでたりもできるのが、「うちみく!ウチのミクさんが話を聞いてくれるようです」です。どんな会話が可能なのか気になったので、実際にミクさんとお話ししてみました。

うちみく!ウチのミクさんが話を聞いてくれるようです
http://うちみく.jp/


実際にどんなことができるのかは以下のムービーを見るとよく分かります。

うちみく!ウチのミクさんが話を聞いてくれるようです - YouTube


ミクさんと会話をするには、トップページに自分の名前を入力して「START」をクリックするだけでOK。


画面がロードされるとミクさんと同じ室内に自分が召還され、ミクさんがあたたかく出迎えてくれるわけです。ミクさんの言葉は音声でも出力されますが、画面左端の赤枠部分にテキスト形式でも表示されます。


さっそく赤枠部分に文字を入力してミクさんと会話会話。


見事に無視されましたが、普通に会話するよりもそれっぽい反応なような、そうでもないような。


画面左上の会話内容は赤枠部分をクリックして表示したり非表示にしたりが可能。


さらに、テキストボックスの右端にあるマイクボタンをクリックしてから「許可」をクリックすればミクさんと声を使って会話することもできます。


そして、画面右上の3本線アイコンをクリックすれば、これまでの会話履歴が表示されます。


画面上部中央のカメラアイコンをクリックすると玄関・お風呂・屋根などの場所名が表示。


これをクリックすると、それぞれの場所へ移動することが可能です。ただし、ミクさんは常にリビングでゴロゴロしているので、「ミクさん」をクリックして……


元の位置へ戻ってきました。


画面上でマウスの左を長押しでカメラのズームイン。


マウスの右を長押しでズームアウト。


ダブルクリックするとカメラがマウスカーソルの方を向くように動きます。


操作方法をおさらいしている間にもミクさんは「吉野家の牛丼が『よしぎゅう』なら、リンガーハットのちゃんぽんを同じように縮めて『リンちゃん』にしようってどなたか言ってましたね。」とマイペースに話しかけてくるので、適宜会話を織り交ぜて相手をしてあげましょう。


なお、画面右下にある歯車アイコンをタップすれば「フルスクリーン」「3Dサウンド」「仮想空間体験」「3Dジェスチャー」が表示されます。Oculus Riftを装着して「仮想空間体験」にチェックを入れれば目の前にミクさんがいるかのように会話することができ、Leap Motionを接続して「3Dジェスチャー」にチェックを入れればミクさんの髪をなでることができるようになるというわけです。


そんなわけで実際にLeap Motionを使ってミクさんの髪をなでるとこんな感じになります。

Leap Motionを使ってミクさんの髪をなでてみた - YouTube


手の動きに合わせてしっかりとミクさんの髪の毛をなでることができるわけですが、PC画面の前で真剣な表情で手をかざしている姿は誰にも見られたくないところです。

・関連記事
人間の表情をリアルタイムでトラッキングして2次元のキャラクターになりきるとこうなる - GIGAZINE

3Dホログラムの初音ミクを手のひら上で踊らせる食玩「ハコビジョン初音ミク」で完全オリジナルの美麗映像を使ったライブを体験してみた - GIGAZINE

MMDモデルを3DCGでウェブ上に公開し閲覧者がアングルを動かしまくれるJavaScriptライブラリ「jThree」 - GIGAZINE

自由自在に初音ミクを歌わせるキーボード「ポケット・ミク」を使ってみた - GIGAZINE

初音ミクの革新的な3DCG「14モデル」制作の裏側がわかるドキュメンタリー・ムービーが公開中 - GIGAZINE

MikuMikuDanceの初音ミクをマウスでぐりぐり動かせるハイクオリティなFlashが登場 - GIGAZINE

歌声合成技術VOCALOID3を採用した「初音ミク V3」の販売がスタート - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス,   アニメ, Posted by logu_ii