試食

焼きたてシナモンロールの上にベリーのソースがたっぷりかかったシナボン「ミックスベリー ミニボン」などを食べてきました


最高級マカラシナモンを使用した、フワフワもちもちの焼きたてシナモンロールを食べることができるシナボンが、6月12日(木)からブルーベリー・ストロベリー・ブラックベリーという3種のベリーをたっぷり使った「ミックスベリー ミニボン」をシナボン/シアトルズベストコーヒー六本木店で販売しています。緑茶とフルーツの果肉入りピューレをブレンドした「フルーツクーラ グリーンティーブレンダー」も新発売されていたので、2つ合わせて食べてみました。

夏らしさ満点! こぼれるほどのミックスベリーがかかった夏季限定新商品「ミックスベリー ミニボン」
http://www.cinnabon-jp.com/information/press/20140611.php

シナボン六本木店に到着。


窓からはスタッフがシナボン作りをしている様子が見えます。


ということで、お店の中へ。


ショーウィンドウの下の方ではミックスベリー ミニボンが宣伝してありますが……


中をのぞいてみるとミニチョコボンやシナボン クラシックといったおなじみの商品が並んでいました。


ということで、注文を済ませてミックスベリー ミニボンとフルーツクーラ グリーンティーブレンダーが一緒になった「シアトルズベストコーヒー六本木店限定セット」をゲット。セットはドリンクがトールサイズの場合税込750円で、グランデの場合は税込800円です。


これが緑茶とフルーツ果肉入りピューレをブレンドしたフローズンドリンク、「フルーツクーラ グリーンティーブレンダー」。ラズベリー・ストロベリー・ピーチの3種類があるので、今回はピーチを注文しました。


フタを開けてみると大きな氷の粒は見当たらず、なめらかな質感。


フォークですくって食べてみたところ、緑茶の苦みなどはないのですが、果物を使ったフローズンドリンクにしてはサッパリしており、くどさは感じません。口当たりは予想通りなめらかで、しっかりとピーチの甘さを楽しめます。


そして、これがミックスベリー ミニボン。


ミニサイズのシナボンクラシックロールの上にブルーベリー・ストロベリー・ブラックベリーなどミックスベリーのソースがたっぷりかかっています。


トロリとしたクリームチーズフロスティングと混ざり合っています。


シナボンクラシックロールの約3分の2のサイズとなっており、iPhone 5sよりも小さめ。なお、クラシックロールの直径はiPhone 5と同じくらいです


高さはこれくらい。


ということで、さっそく食べてみます。


「ものすごく甘そう……!」と思いながら食べてみると、思ったよりもベリーのソースの甘みは少なく、やや酸味が勝っている感じでしたが、フワフワもちもちの生地をもぐもぐしていると土台であるミニボンの生地に挟まれているブラウンシュガーを使ったフィリングやクリームチーズフロスティングの甘さがシナモンの香りと一緒に押し寄せてきます。しかし生地は温かく、食感はいつも通り他では食べられない絶妙なフワフワさとモチモチさを備えているので、「温かいうちに!」とどんどんフォークを進めてしまいました。


生地と生地の間にはブラウンシュガーを使ったフィリングがたっぷり。インドネシアの高地にあるカシアの木から取られた最高級シナモンも確認できます。


単体としてはミックスベリー ミニボンもフルーツクーラ グリーンティーブレンダーもおいしく食べられる甘さなのですが、セットで食べるにはやや甘さが強い印象。シナボンでは自由にお水が飲めるようになっているのですが、「甘いものとコーヒーを合わせて食べる」ことが多い人だと思わずお水をついでしまう組み合わせでした。無類の甘い物好きであれば迷わずセットで頼むべき。


シナボン クラシックはその巨大さゆえに人によっては食べきるのが難しいこともありそうですが、ミックスベリー ミニボンは小さめかつ酸味が加わることで、比較的食べやすくなっていました。なお、販売期間は2014年6月12日(木)~8月31日(日)、シナボン羽田空港店では販売されていないので注意しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
最高級シナモンを使ったふわふわモチモチの「シナボン」は既存のシナモンロールと一線を画していました - GIGAZINE

固くなったパンケーキをふわふわにする「フレンチ・パンケーキ」を作ってみた - GIGAZINE

パンケーキが食べ放題のお店「ELK」でパンケーキを心ゆくまで食べてきました - GIGAZINE

もちもち食感の不思議なパンケーキ「ダッチベイビー」とは一体どんな食べ物なのか? - GIGAZINE

「死ぬほどうまい」とまで言われるホテルオークラの「フレンチトースト」は本当に圧倒的なおいしさだった - GIGAZINE

表面はサクッ、中身はフワッ、たった1分で中まできっちり染み渡るフレンチトーストを作ってみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.