×
デザイン

何を書いても「いとしのムーコ」っぽくしてしまう破壊力抜群「ムーコ フォント」


週刊「イブニング」で連載中で、ガラス職人の小松と彼を大好きな愛犬のムーコとの日常を描く人気コミックが「いとしのムーコ」です。さる6月5日は「ムーコの日」となっており、特別プレゼントの1つとして提供されていたムーコのフォントが7月4日までの期間でダウンロードが可能だったので、あわててゲットして使ってみることにしました。

【6月5日はムーコの日】なんと今回はムーコのフォントデータ&特製壁紙! そして6.5限定「ラブリームービー いとしのムーコ」シーズン1全話無料配信! - イブニング公式サイト - モアイ
http://evening.moae.jp/news/1238


フォントに含まれる文字は以下のとおりで、ひらがな、カタカナ、アルファベットと英数記号が収録されていますが、漢字は含まれていません。


こちらのダウンロードページで「ZIP 377KB」と書かれたリンクをクリックして圧縮ファイルをダウンロード。


ダウンロードしたファイルを解凍し、フォルダの中にある「Muco-Bold.otf」ファイルをダブルクリック。


「インストール」をクリックすると、自分のPCでムーコのフォントが使えるようになります。


さっそくムーコにしゃべってもらった様子はこんなかんじ。一瞬でムーコ自身が話しているような雰囲気にすることができます。


ムーコらしさあふれるセリフもこんな感じ。


ムーコにGIGAZINEを読んでみてもらったりもしました。


このように、何を書いてもだいたいムーコの空気感が出てしまうという破壊力抜群のフォントとなっており、原作の雰囲気が好きな人にとってはたまらないフォントとなっていました。なお、フォントの無断での二次配布や改造、販売、改変などは禁止されています。

・関連記事
アニメ銀魂の次回予告に使われた文字を集めた「銀魂次回予告体」 - GIGAZINE

無料で使えるキルミーベイベーのロゴ風フォント「キルゴ」 - GIGAZINE

無料で自分が手書きした文字をフォントファイルに変換できる「Handwriting font creator」 - GIGAZINE

街中にある個性的なフォントが無料で使える「のらもじ発見プロジェクト」 - GIGAZINE

無料で商用OKなマンガの吹き出しにも使える明朝体かな&ゴシック体漢字フォント「やさしさアンチック」 - GIGAZINE

無料で商用利用も可能な手作りっぽい日本語フォント「はらませにゃんこ」 - GIGAZINE

2匹のネコが体を使って文字を表現してくれる人文字ならぬネコ文字のフォント「ねこフォント」 - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logx_tm