ゲーム

「カタンの開拓者たち」が充実する究極のコレクターズボックスやゲームボードなどを製作するプロジェクトが進行中


1995年にドイツで発売されてから「人生ゲーム」や「モノポリー」に並ぶほどの人気を博しているのが、六角形のパネルの無人島を複数の入植者たちが開拓していき、もっとも繁栄したプレイヤーが勝利するというボードゲーム「カタンの開拓者たち」です。現在クラウドファンディングプラットフォームのKickstarterでは「カタンの開拓者たち」のプレイヤーのために、オリジナル収納バッグやケース、究極のコレクターズボックスなどを製品化するための出資が募られています。

Official Catan Collector's Series by Bill Trammel — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/trammel/official-catan-collectors-series

Catan公式グッズの説明は以下のムービーからでも確認可能。


2012年11月、カタンのオリジナルゲームボードを開発するプロジェクトをKickstarter上でスタートさせたのがBill Trammel氏が率いるCatan Boards


プロジェクトは成功し、手頃な値段で高品質の製品を作るため、Trammelさんらはアメリカの地方にある工場で生産することを決定。そのおかげで質の高い5~6人用ゲームボードを作るのに成功し、Amazonでは五ツ星の評価が200件以上投稿されました。


前回Kickstarterで出資を募った際のストレッチゴールの1つに「『カタンの航海者たち』の公式ゲームボードを作る」とういうものがあったのですが、「カタンの開拓者たち」のゲームボード製作のための製造費や輸送費が想像以上にかかってしまったので、実現することができませんでした。そこで今回、「カタンの航海者たち」オリジナルゲームボードをはじめとするオリジナルグッズを作るという新たなプロジェクトをKickstarterで立ち上げたとのこと。「小規模で製作が行われるため、製造コストやパッケージ・輸送コストなどを正確に把握する必要があり、Kickstarterを利用したそうです。

今回製作していくオリジナルグッズの1つがカタン・ゲームボードバッグ。サイコロなど、拡張キットを含めたあらゆるアイテムが収納できるように、たくさんのポケットがついています。


カーキ色のバッグ布地はポリエステル製で、デザインは1940年代・50年代の冒険道具からインスピレーションを得たとのこと。防水加工が施してあり、1度にすべてのアイテムを移動させることが可能となっています。


布地の真ん中には「CATAN」のロゴが刺しゅうされています。


バッグのストラップに使われている金具は真ちゅう製。


パカリとカバンを開くとこんな感じ。コマが入った7つのポケットは黒いメッシュで覆われています。なお、メッシュはカーキ色に変更可能。


ポケットの上部には数値トークンが入った専用ケースを収納することが可能。なお、写真に写っているのはただのピルケースなので、専用のケースではありません。


さらにパカッとひらくと、カタンのゲームボードが現れました。地形タイルやカードを収納するスペースもカバンの内側に用意されています。


やや大きなマニュアルが入るポケットも用意。


「カタンの開拓者たち」のゲームボードを重ねていれてもまだ余裕があるサイズ設計になっており……


ゲームボードの上に拡張セットを箱ごとしまえるようになっています。


拡張セットの箱を入れた状態でカバンを閉じるとこんな感じ。


そしてこれが「カタンの航海者たち」オリジナルゲームボード。「カタンの開拓者たち」を海にまで広げた「カタンの航海者たち」の現在使われているゲームボードは大きさゆえにセットアップに時間がかかるという問題点があります。そこで長方形のパーツを組み合わせてサイズを変えられるゲームボードを開発。セットアップが簡単で、土台がウッカリずれてしまうこともありません。


組み立てるとこんな感じ。3~4人プレイ用のゲームボードと5~6人プレイ用のゲームボードの2種類があり、これは3~4人プレイ用のゲームボード。


地形タイルをはめている様子。


これが5~6人向けゲームボード。


家や道・船を配置していきます。


港も配置。


ゲームボードの水色は、海タイルを置かなくても地形タイルを置けることを意味しています。


また、ピースをひとまとめにしておくケースも開発中。フェルトの敷かれた竹製ケースの上にベルベットの巾着が置かれています。


プレイ中、ピースを適当に収納する人、キッチリと収納する人、クリエイティブに収納する人など、あらゆるタイプのプレイヤーに対応。


カタンのパッケージ内部にフィットするようになっています。


サイコロの出る目を完全にランダムなものにするためのサイコロタワー&トレイも開発中。これはローマ時代に使われていた方法だそうです。


緑色がKickstarterエディションで、水色がプロダクションモデル。


また、コレクターズボックスもあります。職人の手によって仕上げられており、小さいものが「カタンの開拓者たち」ボックス、大きい方が究極のカタンコレクターズボックスです。


これが「カタンの開拓者たち」ボックス。中はこれだけのセットになっています。


持ち手はレザー製。Kickstarterで出資した人は緑色のバッジがつけられるとのこと。


これがアイテムが収納された状態。


ボックスは竹でできており、全てのアイテムを非常に整然とした状態で収納することができるというわけです。


ゲームをプレイしている最中はこんな感じになります。


そしてこれが究極のカタン・コレクターズボックス。


アイテムが収納されている状態はこれ。


これも「カタンの開拓者たち」ボックスと同じくレザー製の持ち手が緑色のバッジで固定されています。


たっぷりと収納スペースが備わっています。


自分のピースを1箇所に集めておくためのオリジナルケースは25ドル(約2500円)の出資でゲット可能で、サイコロタワー&トレイは45ドル(約4600円)、オリジナルケースとサイコロタワー&トレイのセットが65ドル(約6600円)、3~4人用オリジナルゲームボードは200人限定で75ドル(約7600円)・それ以外は80ドル(約8100円)、5~6人用オリジナルゲームボードは200人限定で85ドル(約8600円)・それ以外が90ドル(約9100円)、オリジナルバッグは200人限定で100ドル(約1万円)・それ以外が120ドル(約1万2000円)、「カタンの開拓者たち」ボックスは200人限定で190ドル(約1万9000円)・それ以外が200ドル(約2万円)、究極のカタンコレクターボックスは200人限定で285ドル(約2万9000円)・それ以外が300ドル(約3万円)でゲットすることができます。各アイテムを組み合わせたセットもあり、アメリカ国外への出資は別途送料が10~80ドル(1000~8000円)ほどかかるので注意して下さい。

なお、締め切りは日本時間で2014年7月24日の午前1時です。

Official Catan Collector's Series by Bill Trammel — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/trammel/official-catan-collectors-series


・関連記事
「カタンの開拓者たち」の生みの親が明らかにする開発秘話とは? - GIGAZINE

ロンドンやパリ、香港など実在する都市にビルを建て競い合うボードゲーム「Town Center」 - GIGAZINE

映画「インセプション」をモデルにして夢の中で競い合うというボードゲーム「Inceptor」 - GIGAZINE

カットマンなどボスキャラが大集合したロックマンの公式ボードゲーム「Mega Man The Board Game」 - GIGAZINE

マインクラフトでデンマーク政府が国土を4兆個・1TBもの超大作で再現したらぶっ壊されまくる事態に - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by logq_fa