試食

青いミスドでわたあめっぽくとろける「コットン スノー キャンディ」を一足早く食べてみました


ミスタードーナツが6月25日(水)より夏季限定で、とろけるような新食感スイーツの「コットン スノー キャンディ」を新発売するのに先駆け、メディア向けの先行試食会が「青いミスド」といわれるアンテナショップで行われたので、さっそく行って食べてみることにしました。

口の中で“ふわっと”とろける冷たい新食感スイーツ6月25日(水)『コットン スノー キャンディ』限定発売
http://www.misterdonut.jp/businessinfo/news_release/pdf/nr_140620_01.pdf

梅田阪急三番街にある青いミスドに到着。青いミスドは札幌・仙台・東京・名古屋・大阪など全国に8店舗あります。


でかでかとコットン スノー キャンディをアピール。


外装も赤と黄色の定番ミスドカラーではなく、薄い青を基調とした涼しげなカラーになっています。


店内に入り、報道関係者受付で手続き。


「ただいま冷凍中」というポスターが貼られており、店内はコットン スノー キャンディを撮影するためにかなり冷房の温度が低く設定されていました。


青いミスドでは、店員さんもいつもの店舗とは違う南国風のユニフォームを着ています。


コットン スノー キャンディを販売するために、特殊な機材をミスタードーナツに導入しているようです。


テーブルの内装にも氷の模様が入っています。


ミスドのロゴも薄い青色になり、氷の結晶きらきらモードに。


コットン スノー キャンディは左上からミックス(税込669円)・チョコクランチ(税込561円)・抹茶あずき(税込561円)・ストロベリー(税込561円)・マンゴー(税込561円)・の5種類で、今回の試食はマンゴーのみ。


コットン スノー キャンディのミックスは、ミルク味のラクトアイスを薄く柔らかくスライスしたわた雪氷の上に、マンゴーとストロベリーの果肉が入ったソースがかけられた合い盛りの一品。


試食会ではこの一品が最も好評だったとのこと。


ストロベリーは、果肉の入ったストロベリーソースがトッピングされています。


見た目としてはいちごミルクのような組み合わせでかなり相性がよいっぽい感じ。


チョコクランチは、チョコの味がミルク味のコットン スノー キャンディと良く合いそう。


コットン スノー キャンディの上にチョコレートソースとチョコクランチがトッピングされており、アイスココアのように食べられそうです。


底までたっぷりソースがかかっていました。


抹茶あずきは、和風の組み合わせのコットン スノー キャンディ。


抹茶パウダーがたっぷり。


底には粒あんが入っています。


撮影が終わり、店員さんがコットン スノー キャンディのマンゴーを持ってきてくれました。


上から見るとこんな感じ。コットン スノー キャンディは真っ白な氷で、提供から1分とたたないうちに溶け始め、マンゴーの果肉入りソースには名前通りマンゴーがたっぷり。


下には倒れないように台が付いています。


コットン スノー キャンディを口に含むと、かき氷やアイスとは全く違う柔らかな食感が感じられます。「新食感」とは使い古された言葉ではあるものの、薄く削ったかき氷とも違う、柔らかで滑らかな口当たりで、わたあめのように口の中でスッととろける今までにない食感。ミルクの味が感じられますが、練乳のような濃厚な甘さはなくスッキリした味に仕上がっています。


マンゴーのソースはマンゴーの甘味だけでなく、酸味が感じられさわやかな味わい。果肉の食感がしっかり残っているのもうれしいところ。


コットン スノー キャンディと果肉入りマンゴーソースを一緒に食べてもいい感じ。ミルクとマンゴーの味は言うまでもなく相性が良く、マンゴーの食感とコットンスノーキャンディー独特の柔らかな食感が好相性。


底までコットン スノー キャンディが入っているので、量はかなり多め。複数人でシェアして食べるのに向いています。


試食会が終わり外に出ると、一般向けの試食会の整理券を求める長い列ができていました。


先着100名の整理券はあっという間になくなってしまったようです。


コットン スノー キャンディは8月下旬までの期間限定販売。ミスタードーナツというとドーナツのイメージが強いですが、カフェ感覚でアイスやコットン スノー キャンディを食べに涼みに行くという選択肢が今年の夏は増えそうです。

・関連記事
氷菓の枠を飛び越えた高級スイーツのようなかき氷を食べられるカフェ「yelo」 - GIGAZINE

純氷を使った大盛かき氷を食べるため、炎天の中「枚方凍氷」に並んでみました - GIGAZINE

燃えるかき氷「焼氷」とはどんな食べ物なのか?実際に食べに行ってきました - GIGAZINE

夜店によくあるあの本物のかき氷をブロック氷と業務用マシンで作る方法 - GIGAZINE

袋を開ければ即かき氷、削られた状態でパック詰めされた「袋氷」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.